2014年東京国際映画祭グランプリ「神様なんかくそくらえ」12月公開決定

神様なんかくそくらえ

第27回東京国際映画祭で東京グランプリと最優秀監督賞をダブル受賞した『神様なんかくそくらえ』が12月26日(土)より新宿シネマカリテほかにて全国順次公開することが決定した。



映画はニューヨークに暮らすストリートガールの破滅的な恋を鮮烈な映像で綴った問題作。主人公・ハーリーを演じたアリエル・ホームズの実際の体験を、ジョシュア&ベニー・サフディ兄弟監督が脚本にして映画化したもの。
ニューヨークの路上で生活する少女ハーリーは、ドラッグに溺れ、ホームレス仲間でもある恋人のイリヤに依存することで過酷な現実を何とか生き抜いていた。ある日、彼女は「本当に俺を愛しているならできるはずだ」とイリヤに促され、言われるがままカミソリで手首を切ってしまう。

ハーリーを翻弄する恋人を『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』『アンチヴァイラル』などの話題作に出演し、若い女性に大人気のケイレブ・ランドリー・ジョーンズが好演。
冨田勲を筆頭に、タンジェリン・ドリーム、headhunterzら大御所が集うハイセンスな音楽にも注目だ。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top