AKB48・小嶋陽菜、クマに襲われる?

「テッド2」

映画『テッド2』の日本語吹替版の完成を祝したプレミアイベントが18日、都内で行われ、本作で主人公・テッドの日本語吹き替えを担当したお笑いタレントの有吉弘行と、テッド直々の指名により“テッドもふもふファンクラブ”代表に就任したAKB48の小嶋陽菜が舞台挨拶を行った。

先日行われたアフレコ会見でも息ぴったりのトークを繰り広げた2人。
イエローのドレスで登壇した小嶋は、有吉から「胸元がエグい」とイジられると、タキシード姿で登壇した有吉に対して「(劇中で)テッドが着てたタキシードみたいで、ちょっとドキッとします」とコメント。「するわけないでしょう」という有吉のツッコミに「はい」と即答するなど、息のあった掛け合いで会場を和ませた。

有吉はいち早く本作の吹替版を観賞した観客に向けて、「ちょっと照れくさい気持ちです。字幕のほうが面白いので、是非皆さん字幕でもう一回ご覧になってください」と自嘲気味に挨拶。
『テッド』が女性に受けている理由を聞かれた小嶋は「たぶん内容とかじゃなく、女性はみんなクマが好きですよ」と元も子もない発言で会場の笑いを誘っていた。

その後、壇上には本作の主人公・テッドが登場。初対面の小嶋にハグすると、抱きついたまま腰を振り始め、有吉から「やめなさい」と突っ込まれる一幕も。その後も小嶋に密着するテッドに「こういうクマですからね。後で事務所に怒られるよ」と苦笑いの有吉。小嶋も「ひどいですね」と驚いていた。

イベントではテッドに続いて、ご当地キャラのくまモン、メロン熊、ゾンベアー、コーベアー、アルクマがテッドの“クマとも”として登場。「最もテッド愛を感じるクマ友=ベスト・サンダーバディ賞」を決めるべく、「サンダー・バディソング」にあわせてダンス対決を行った。
有吉の判定でベスト・サンダーバディ賞に選ばれたのは北海道夕張市からやってきたメロン熊。そのメロン熊は優勝の暁に小嶋からのハグをプレゼントされると、小嶋の頭に噛み付くというハプニング。解放された小嶋は「ちょっと、すごかったです…」と息も絶え絶えだった。

映画『テッド2』は8月28日(金)全国公開。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top