大原櫻子も祝福 月9「恋仲」出演権獲得のグランプリが決定

「お台場夢大陸 Presents ドリームメガガ ールズオーディション」最終審査決定ステージ

グランプリを受賞した藤田菜々子さん(右)と大原櫻子(左)

フジテレビがこの夏「新世代をリードするスター」を発掘することを目的として開催した“お台場夢大陸 Presents ドリームメガガ ールズオーディション”の最終審査決定ステージが20日、お台場夢大陸オマツリランドのSUMMER GATEスタジアムで行われ、山口県在住の20歳、藤田菜々子さんがグランプリに輝いた。


6月より行われてきた書類選考・面接(演技審査/歌唱力審査)を経て、応募者3000人の中からファイナリスト8名を選出。その中から、お台場夢大陸の来場者の投票による得票数によって新井美瑛子さん、伊藤愛真さん、藤田菜々子さん3名がこの日、最終審査へと進んだ。

この日のステージには本オーディションの公式応援キャラクターを務める大原櫻子も出席。
2013年公開の映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』のヒロイン・オーディションで 5,000人の中から抜擢され映画デビューを果たした経歴を持つ大原は「オーディションを受けるっていうことが本当に素敵なことだなと思いました。夢を掴もうと思っている、そういう意思が大事なんじゃないかと思う」と話し、ステージ上で歌や演技を披露するファイナリストの姿に「見ているだけで涙が出てきます。でも皆さんが楽しいって言葉にしてくださっていて、それがすごく嬉しい」と感慨深げ。
審査の合間にはMUSH&Co.としてリリースした「明日へ」と最新シングル曲「真夏の太陽」の2曲を披露した。

グランプリを受賞した藤田菜々子さん

グランプリを受賞した藤田菜々子さん

審査員による最終審査の結果、グランプリを受賞した藤田菜々子(ふじた・ななこ/20)さんは、信じられないといった驚きの表情。「足も声も震えてます。投票してくださった皆さんにお礼を言いたいです。ありがとうございました」と喜びを語った。
大原櫻子は「私もオーディションに受かった時は頭が真っ白になったんですけど、今たぶん同じ感覚だと思う。ここからがスタートだと思うので、一緒に頑張っていければ。グランプリおめでとうございます」と祝福のメッセージを送った。

グランプリに輝いた藤田さんには、現在放送中の月9ドラマ『恋仲』でのデビューが約束されるほか、株式会社フジパシフィックミュージックでの専属契約、加えて賞金100万円などの特典が与えられる。

なお、特別賞として急遽、フジパシフィックミュージック賞が設けられ、こちらは伊藤愛真(いとう・えま/17)さんが選ばれた。伊藤さんはフジパシフィックミュージックがデビューに向けてバックアップする育成契約が結ばれる。

■ステージで最後のアピールを行ったファイナリスト8名



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top