加藤ミリヤ、映画主題歌でコラボ・峯田和伸との出会いを語る「私もこういうアーティストになりたい!」

加藤ミリヤが映画『ピース オブ ケイク』の主題歌でコラボしている、銀杏BOYZ・峯田和伸との出会いで受けた衝撃を語った。


加藤ミリヤが峯田と出会ったのはまだデビュー前、中学2年生の時。「当時のレーベル担当者が『ミリヤは絶対好きだから』って聴かせてくれたのがGOING STEADY(銀杏BOYZの前身として知られる伝説のバンド)だった」という。当時は“ヒップホップしか聴かない”と尖っていたミリヤだったが、歌詞カードを見ながら聴いてみてドハマり。そして学校帰りにひとりでライブを見に行ったという。
「名古屋のクアトロだったかな。ステージから落ちそうな峯田さんと、それを支えるファンの男性。マイクを飲み込んでしまいそうな勢いのパフォーマンスが、今でも記憶に深く刻み込まれている。同性が神のように崇める様が素晴らしくて、『私もこういうアーティストになりたい!』って思った」と当時を回想した。

先日公開された、加藤ミリヤと峯田和伸が今にもキスしそうな勢いの鮮烈なミュージックビデオが話題のコラボ曲「ピース オブ ケイク—愛を叫ぼう— feat. 峯田和伸」は9月2日発売。
また、本日より映画『ピース オブ ケイク』公開直前“愛を叫ぼう!”ライブ付上映イベントのチケット一般販売がスタート。多部未華子・綾野剛ら映画の出演者はもちろん、加藤ミリヤと峯田の生共演をライブで見られる貴重なイベントとなっている。

■公開直前“愛を叫ぼう!”ライブ付上映イベント
http://l-tike.com/pieceofcake-psg/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top