篠原涼子、a-nationにサプライズ登場 三代目JSBが「アンフェア」主題歌を初披露

女優の篠原涼子が23日、大阪・ヤンマースタジアム長居で開催された「a-nation stadium fes.大阪公演」にサプライズ登場した。


この日のヘッドライナーを務めたのは、9月5日公開の映画『アンフェア the end』で主題歌を担当している三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE。22日・23日の2日間にわたって行われた大阪公演の最後を飾るアーティストとして登場すると、パワフルなパフォーマンスを披露して観客を沸かせた。
そしてリーダーのNAOTOが突然「サプライズゲストが来ています!」と報告。会場の5万5000人が大きくどよめく中、舞台袖から篠原涼子が姿を現すと、熱気に包まれていた会場がさらにヒートアップ。会場は地響きにも似た熱狂に包まれた。

改めてNAOTOから「『アンフェア the end』の主題歌を三代目J Soul Brothersが担当させていただくことになり、本日は主演の篠原涼子さんにお越しいただきました」と篠原の登場の理由を説明。
映画は2006年に連続ドラマとしてスタートした、篠原涼子演じる刑事・雪平夏見が父の死の真相を追いながら様々な事件に挑む『アンフェア』シリーズの完結編。シリーズおなじみの面々に加え、三代目J Soul Brothersの兄貴分、EXILEのAKIRAも新キャストとして出演している。「AKIRAさんからは『弟分をよろしく』というメッセージをもらって今日来ました」という篠原。NAOTOとはドラマで共演経験もあり、「共演したときに腹筋のトレーニングを教えてもらいました。今でも実践しています」などと、和気あいあいとトーク。

a-nation大阪公演に登場した篠原涼子

a-nation大阪公演に登場した篠原涼子

先日のジャパンプレミアでは、AKIRAが撮影の合間に篠原から三代目J Soul Brothersのヒット曲「R.Y.U.S.E.I.」のダンスを踊ってほしいとお願いされたエピソードを明かしたが、ステージ上でNOATOがこの話題に触れると、篠原は「(R.Y.U.S.E.I.の振り付けを)生で観た〜い!」とまさかの無茶ブリ。最初は驚いていた三代目J Soul Brothersのメンバーたちだったが、NAOTOのカウントに合わせ全員ノリノリで「R.Y.U.S.E.I.」の振り付け披露する一幕も。

また、楽曲についてボーカルの今市隆二は「アンフェアの世界をこの曲で少しでも広げられたら」と思いを伝えたところ、篠原は「初めて聴いたときジーンと来て涙が出ちゃいました」と告白。その言葉に三代目J Soul Brothersメンバーも興奮。登坂広臣は「映画アンフェア、見に行ってくれるよな?」と会場へ問いかけ、5万5000人が大歓声でそれに応えた。

その後、三代目J Soul Brothersは主題歌「Unfair World」を初披露。舞台袖で見守っていた篠原涼子は、全てのパフォーマンスを終えて戻ってきた三代目J Soul Brothersメンバーと固い握手を交わし、「中途半端な無茶ブリしてごめんなさい。生で『Unfair World』を聴けて感激です。凄くいい曲でうるっとしちゃいました。」と生パフォーマンスの後の興奮をメンバーに伝えた。

■映画『アンフェア the end』公式サイト
http://unfair-the-end.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top