広瀬すず、役作りに苦悩「一番の壁にぶつかっている」

「ロッテ ガーナ チョコびらきセレモニー2015」

モデルで女優の広瀬すずが27日、都内で行われた「ロッテ ガーナ チョコびらきセレモニー2015」に出席した。



イベントで「エールを送りたい人」を聞かれた広瀬は「いま3年間お仕事を続けてきて一番の壁にぶつかっている時期なので、とりあえず、自分頑張れ!」と自分自身にエール。
現在、自身と同じ17歳の少女の役に挑んでいる広瀬は、「今まではあまり役作りというものをしてこなかったんですけど、次の作品は17歳の役なので、生まれてから17歳までの物語というか、その子の人生や性格とか、作品にない部分も自分でストーリーを作ってノートに書いている」と役作りに没頭している様子で、「こんなに悩んだのは初めて。普段そんなに深く考えるタイプじゃなくて、その場の感覚とかでやっちゃうんですけど。なんか舞台をやってる気分」と苦悩を明かしていた。

イベントには広瀬すずのほか、ガーナのCMキャラクターとして昨年から出演している土屋太鳳、松井愛莉、そして男子フィギュアスケートの羽生結弦選手が出席。
9月8日から全国でオンエアされるガーナミルクチョコレートの新CM「チョコびらき2015」篇のお披露目とともに、4人がくす玉を割って、チョコレートの美味しい季節の到来を知らせる“チョコびらき”宣言を行った。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top