又吉直樹「火花」が早くも映像化決定

第153回芥川賞を受賞したお笑いタレント・又吉直樹の小説「火花」が、インターネット映像配信ネットワーク・Netflixによって映像化、2016年に配信されることが決定した。


Netflixは世界50カ国以上で6500万人を超える会員を抱える世界最大級のインターネット映像配信サービス。今年9月2日より日本でのサービス開始を予定しており、名作映画やドラマに加え、オリジナル番組も制作・配信する。

又吉直樹「火花」映像化決定

又吉直樹「火花」が初映像化決定

又吉直樹による初の中編小説「火花」は、又吉の本格小説デビュー作で、純文学とエンタテインメント両方の要素を兼ね備えつつ、人間の根本を描き切った青春小説。芸人の作品として史上初めて芥川賞を受賞しただけではなく、発行部数は純文学としては異例の230万部を突破し、評価・売上ともに近年の文学界では類を見なかった記録ずくめの話題作だ。
そんな又吉直樹作「火花」を、Netflixと吉本興業が映像化し、2016年に日本および世界に向けて配信することが決定した。

初の映像化決定に作者の又吉は「どうなるのか僕も楽しみです。早く見てみたいです!」と期待に胸を躍らせる。
また、Netflix K.K.のグレッグ・ピーターズ代表取締役社長は「Netflixは、素晴らしいストーリーが世界を繋ぐというビジョンを信じ、常にみなさまに最高のコンテンツをお届けしたいと思っております。日本にたくさんあるストーリーの中でも、以前より又吉直樹さんの『火花』をぜひNetflixにて映像化したいと思っておりました。この度、弊社で『火花』を映像化し、日本、そして世界で配信できることになったのを心より嬉しく思っています」とコメントしている。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top