山崎賢人、巨大絵馬に「ヒロイン失格」ファンの幸せを願う

幸田もも子原作の人気同名コミックを桐谷美玲主演で実写映画化した『ヒロイン失格』に出演している俳優の山崎賢人が28日、映画の公開を記念して大阪・あべのキューズモールで開催されたトークイベントに登場した。


本作は幼なじみの利太のことが大好きで自分こそが彼と結ばれるヒロインと信じて疑わない女子高生のはとりが主人公。イケてない地味な女の子と交際をスタートさせてしまった利太を奪還しようと企てるはとりの前に学校イチのイケメン・弘光がアプローチしてきて、まさかの三角関係に!というストーリー。

この日、NHK連続テレビ小説「まれ」や「デスノート」などで目覚ましい活躍を見せている山崎を目当てに、会場には約3000人が殺到。大きな歓声と拍手に迎えられて登場した山﨑は「皆さんお集まり頂き本当に有難うございます。今日は一緒に楽しみましょう!」とはりきって挨拶した。

「『ヒロイン失格』は恋愛映画ですが、撮影現場では英監督が常に笑っていたくらい面白いシーンも沢山ある作品です。桐谷さん演じるはとりの天真爛漫さや邪道ヒロイン ぷりもすごい。“私が好きな利太”と“私を好きな弘光”との間で揺れ動くはとりの気持ちが、どっちに行くのか最後まで分からないので、そこも楽しめると思います」と本作の見どころを紹介。
山崎が本作で演じたのは、桐谷演じるはとりの幼なじみ・利太。「利太はつかみどころが無いし、弘光と比べてカッコイイところも少ないけれど、あえてダメっぽさを出して女性の母性本能をくすぐることにしました」と、監督とディスカッションを重ねて利太を作り上げたという。
また、「ちょっとめんどくさがりな部分があったり、坂口(健太郎)さんが演じた弘光みたいにカッコイイことができないところが自分と似ていますね(笑)」と自身との共通点も明かした。

イベントが中盤にさしかかると、ステージに「ヒロイン合格!?&恋愛成就祈願」の特注巨大絵馬が登場。この巨大絵馬は、この日のあべのキューズモールをスタート地点として、名古屋、大阪をキャストと共にまわり、各地でキャストや『ヒロイン失格』ファンの願い事を貼っていき、9月の舞台挨拶で東京に戻ってくるというもの。
この大事なトップバッターを任された山崎は、「『ヒロイン失格』を観て笑って泣いて沢山の方が幸せになりますように!」と絵馬に願いを込めた。

映画『ヒロイン失格』は9月19日(土)より全国で公開。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top