乃木坂46・若月佑美が「二科展」4年連続入選

9月2日(水)から東京・六本木の国立新美術館にて開催される「第100回二科展」に乃木坂46のメンバー、若月佑美の作品が入選したことが発表された。若月は2012年の第97回から4年連続の入選となる。


「第100回二科展」で入選を果たした若月佑美(乃木坂46)

「第100回二科展」で入選を果たした若月佑美(乃木坂46)

国立新美術館で2日より開催の「二科展」は、日本の洋画部門をリードし、太陽の塔で知られる岡本太郎氏や、文化勲章受章者の故・吉井淳二氏らを輩出してきた公益社団法人・二科会が主催する美術展覧会。今年で第100回を迎える。

今回、若月はA部門(自由テーマ・ポスター)に“KAN”をキーワードにイメージを膨らませた作品を出品。
「アイドルとして、自分がうれしいことはみんながが笑顔になってくれることで、この絵をみても世界中が笑顔になってほしいです」と作品に込めた想いを語り、今後の夢はとの問いに「入選できることは嬉しいし、来年は特選を狙いたい」とさらなる飛躍を誓った。

2015第100回記念二科展

会 期:2015年9月2日(水)〜14日(月) (※9月8日(火)は休館日)
    10:00〜18:00(入場は17:30まで)
    金曜日は20:00まで(入場は19:30まで)
    最終日は14:00終了(入場は13:00まで)
会 場:国立新美術館 
http://www.nikaten.com/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top