SEKAI NO OWARIが絵画になりきる「ぷっちょ」新CM完成 DJ LOVEは表情の演技に自信アリ?

SEKAI NO OWARIが出演するUHA味覚糖「ぷっちょ」の新TV-CMが9月5日から全国でオンエアされる。


前作に続いて「ぷっちょ」のCMキャラクターを務めるSEKAI NO OWARI。
前作は銀河鉄道が舞台のファンタジックなCMとなっていたが、今回の新CM「SEKAI NO OWARI 絵画」篇の舞台は洋館。館の中にはセカオワメンバー4人の肖像画が飾られており、Fukaseの肖像画がまばたきしたのをきっかけに各々おしゃべりするかのように動き出す。そこへやってきたのは前作にも登場したセカオワメンバーそっくりのパペット人形と4色(コーラ、ソーダ、マンゴー、ぶどう)のぷっちょくんたち。Fukaseの肖像画がパチン!と指を鳴らすと、ぷっちょくんたちがフルーツに、そして「ぷっちょ」に変わって落ちてくるという、ミステリアスな世界観の映像となっている。

CMのキーとなる“指パッチン”ではFukaseが思わぬ苦戦。指を鳴らす反動で手がフレームアウトしてしまい、「そうか、絵画だからフレームアウトしちゃダメか!難しい~!」と、ややドツボにはまってしまった様子。「たぶんできないです(笑)」と超後ろ向きな冗談を飛ばしてスタッフの笑いを誘いながらも、なんとか成功させ、ホッとした笑顔で撮影を締めくくった。


肖像画になりきったNakajinは「肖像画ということなので、なるべく硬い感じをイメージしました。急に動き出す動作は、人形をイメージして演技しました」と撮影を振り返る。DJ LOVEは「表情の演技には自信があるので、」と話してメンバーを驚かせ、「その点が生かせたのかなと思います」とコメント。そのDJ LOVEの、まるでムンクの「叫び」のような演技もCMの注目ポイントの1つだ。

また、「ぷっちょ」が大好きなSaoriは「いつも食べ過ぎないように心掛けています」とのこと。DJ LOVEから「たまに『ぷっちょ』を食べきると『無くなった!』って言って『ぷっちょ』が無くなったことにショックを受けてるよね。残り一個の時とかに気付かないのかな、と思うけどね(笑)」とツッコミを入れられ、「もう夢中で食べちゃうので、気づかないんです(笑)」と「ぷっちょ」愛を語っていた。

なお、CMでは前作に続き、SEKAI NO OWARIの楽曲「ムーンライトステーション」がBGMに使われている。

■CMカット

■メイキング



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top