キアヌ・リーブス、鈴鹿8耐以来64日ぶりのスピード再来日が決定

10月16日公開の映画『ジョン・ウィック』に主演する米俳優キアヌ・リーブスが、本作のPRのため来日することが2日、明らかとなった。


映画『ジョン・ウィック』

映画『ジョン・ウィック』

キアヌ・リーブスは9月30日(水)に開催されるジャパンプレミアに参加する予定。
映画プロモーションとしては2013年の『47RONIN』以来、約2年ぶりの来日とななるが、今年7月に開催された鈴鹿8時間耐久ロードレースに合わせて電撃来日したニュースも記憶に新しく、わずか64日ぶりの再来日となる。

本作はマフィアに愛するもの全てを奪われた元殺し屋の壮絶な復讐劇を描いたアクション映画。監督は『マトリックス』など数々の映画でスタントやスタントコーディネーターを手がけたチャド・スタエルスキー。銃(ガン)とカンフーを組み合わせたアクション新銃術“ガンフー”を引っ提げ、カーアクションやスーツ姿でのスタイリッシュかつド派手なアクションで、再び世界にアクションの新基準を魅せつける。

今回、キアヌの来日決定を受けて、映画本編の映像を含む特別映像が公開された。映像中には鈴鹿8耐で「また日本に来てくれますか?」との問いかけに、「そうだね、もちろんだよ!」と笑顔で応えるキアヌの姿も収められている。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top