Goolgeの音楽配信サービス「Google Play Music」本日より国内でスタート

Googleは3日、デジタルコンテンツストア「Google Play」において音楽に特化したサービス「Google Play Music」を日本で公開した。


Google Play Musicは、国内外の音楽レーベルが提供する3500万曲以上の豊富なラインナップに月額980円で無制限にアクセスできるサブスクリプション(定額聴き放題)サービス、曲やアルバムごとに音楽を購入できるストア、さらにCDやiTunesなどですでに所有している曲を5万曲までクラウドに保存できる無料のロッカー型サービスの3つの機能により構成される。

サブスクリプションサービスはAndroid、iOS、PCに対応。同じアカウントでログインすることでスマートフォンとパソコンといった異なるデバイスでプレイリストを共有できる。
大きな特徴は、そのときの気分やシチュエーションにぴったりのプレイリストが表示されるほか、聴きこむほどに利用者の好みを学習し、アルゴリズムによってユーザーに合った音楽をレコメンドしてくれる点。
また、好きな曲を事前にダウンロードすることで、オフラインでの再生も可能。

ストアでは1曲150円から販売。サブスクリプションを利用していなくても1曲ずつ、あるいはアルバムごとに購入して聴くことができる。
容量を気にすることなく音楽を楽しむことができるロッカー型サービスは、パソコンのWEBブラウザから楽曲をアップロードでき、保存した曲はパソコン以外のデバイスでもどこでも再生できる。

サブスクリプションは月額980円だが、登録後最初の30日間は無料、2015年10月18日までに登録した場合に限り、限定価格の780円で聴き放題となる。

Google Play Musicは現在までに世界59ヵ国で展開。日本で60ヵ国目となる。

Google Play Music 主要参加レーベルおよびアグリゲーター各社一覧

エイベックス・ミュージック・クリエイティヴ株式会社
キングレコード株式会社
クリムゾンテクノロジー株式会社
株式会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント
株式会社スペースシャワーネットワーク
株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント
チューンコアジャパン株式会社
株式会社テイチクエンタテインメント
株式会社トイズファクトリー
株式会社徳間ジャパンコミュニケーションズ
株式会社ドリーミュージック
日本クラウン株式会社
日本コロムビア株式会社
株式会社バップ
株式会社フォーライフ ミュージックエンタテイメント
ホステス株式会社
株式会社ポニーキャニオン
ユニバーサル ミュージック合同会社
株式会社ライツスケール
ラグ・ビー株式会社
株式会社ワーナーミュージック・ジャパン
他、海外レーベルなどあわせて200社以上が参加。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

Tags

Top