剛力彩芽、ファンに誕生日祝われ感激「サプライズ慣れてない」

8月27日に23歳の誕生日を迎えた剛力彩芽が3日、 東京ドームシティ ラクーアガーデンステージで4thシングル「相合傘」(9月2日発売)のリリース記念イベントを開催。ファンからサプライズで誕生日を祝われ感極まる場面があった。


ライブの途中、突然「ハッピーバースデートゥーユー」のメロディが流れ、会場に集まったファンが大合唱。剛力は思わぬサプライズに驚きながら「ありがとうございます。8月27日に23歳になりました」と、あらためてファンに報告した。
「こうやって集まってくれて、その上で誕生日も祝っていただけて、本当に幸せです」とファンに感謝の気持ちを伝え、「もっともっとパワーアップした剛力彩芽を皆さんに見せられるように、これからも頑張ります」とさらなる飛躍を誓った。

イベント後の囲み取材では「サプライズするのはすごく好きなんですど、されるのは慣れてなくて、どういう反応をしていいかわからない」と照れた様子。23歳は「どう自分らしさを出していくか考えていきたい。人として、ちゃんとした人になりたい。まだまだ子どもな部分がたくさんあるので、ちょっとずつ大人に近づいていけるように」と抱負を語っていた。


この日は今年4月8日にリリースした1stアルバム「剛力彩芽」から「GO! GIRLS!! GO!」、4thシングルカップリング収録の「15」、デビューシングル「友達より大事な人」、そして4thシングル「相合傘」の全4曲を披露。

「友達より大事な人」の歌唱後には「この歌を歌うといつもデビュー当時を思い出します」と話し、「4月に1stアルバムを出させていただいたからこそ、4枚目のシングルはアーティストとしての新たなスタートに立ったなという気持ち」と胸の内を吐露。
最後は集まったファンと記念撮影をしてイベントを終えた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top