夢みるアドレセンス、フジドラマ「南くんの恋人」挿入歌を歌唱&メンバー出演も

5人組アイドルグループ・夢みるアドレセンスが11月スタートのフジテレビドラマ「南くんの恋人〜my little lover」の挿入歌「小さなストーリー」を歌唱することがわかった。


ドラマは「もしも恋人が突然小さくなってしまったら…」という、ありえない設定ながら多くの読者の妄想心を掻き立て、大ヒットを記録した内田春菊による人気漫画が原作。高校3年生の南くんと、突然身長16cmになってしまった恋人の堀切ちよみとの恋と同棲生活を描いた胸キュンラブストーリー。
過去3度にわたって実写ドラマ化されており、今回11年ぶりにテレビドラマに帰ってくることとなった。
ドラマ「イタズラなKiss2〜Love in TOKYO」のスタッフが再集結し、原作とは違うラストシーン、新たな南くんのキャラクター、南くんの恋のライバル登場など、本作ならではの見どころが盛り込まれる。
放送に先駆けて9月8日27時10分より、初公開となるドラマ本編映像にキャストのインタビュー、撮影現場の様子などを交えた特番が放送される。

夢みるアドレセンスが歌う挿入歌「小さなストーリー」(作詞・作曲:永塚健登/編曲:立山秋航)は、このドラマのために書き下ろされた新曲とのこと。
また、夢アドメンバーがドラマに出演することも明らかとなった。登場シーンなど詳細は不明だが、撮影の様子を収めたメイキング写真が公開されている。

夢みるアドレセンスは今秋「#ユメトモの舞ツアー2015秋」を開催。ファイナルとなる11月15日東京公演のチケット一般発売が本日よりスタートする。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top