フィギュア浅田真央と羽生結弦が自分自身へエール 「ガーナ」新CMが完成

フィギュアスケーターの浅田真央選手と羽生結弦選手がそれぞれ出演するロッテ「ガーナミルクチョコレート」の新CM「2人の浅田真央」篇と「2人の羽生結弦」篇が本日9月8日から全国でオンエアされる。


2本立ての新CMは、落ち込んでいる自分自身に向けて、もう1人の自分が「つづけて!!」(浅田選手)、 「負けんな!!」(羽生選手)と、迫真の演技でエールを送るという内容。自分自身のエールに励まされ、再び前を向くことができた両選手が披露する華麗なスケーティングも大きな見どころとなっている。

浅田選手の今回の演技はジャンプではなくステップが中心。撮影前から監督やカメラマンのイメージを細かく 丁寧に聞いていた浅田選手が、「こうですか?」と試しにステップワークをしてみる と、「……素晴らしい、完璧!」「すっげぇ美しかった!」「これ撮影しておけば良かった~」と、

途中、予想よりもスモークが出てしまい、一時撮影が中断。スタッフ総出でアクリル板を持ち、急いでリンクから外へ風を仰いでいると、その様子を見ていた浅田選手が、笑顔でリンク中央へ。「私もやりまーす!」と自身の上着を使って、風を仰ぎ始めた。「楽しい~!」と言いながら一生懸命スモークを外に逃がそうとするその微笑ましい様子に、周りで見ていたスタッフも笑顔になっていた。

今回のCMは自分からもう1人の自分へのエールがテーマ。日頃から「大丈夫だよ、出来るよ」と自分自身に言い聞かせているという浅田選手。スケーティング中のファンの声援も聞こえているといい、「『真央ちゃん頑張って』『真央なら出来る、大丈夫!』という言葉はよく耳に届きますね!」と語っていた。

一方、今回のCMでは4回転ジャンプなどを披露している羽生選手。「ハイドロ(ハイドロブレーディング)は、今季の見どころでもあるので」と、現在力を入れている技も自ら提案してCMに取り入れてくれた。
ワンシーンごとに照明機材の位置を動かす際には、「僕が一番(氷の上に)慣れているので!」と撮影の疲れも見せず、積極的にスタッフを手伝う姿も。「羽生くん、休んでいて大丈夫だよ!」との監督の声に、「大丈夫です!アスリートなんで!(笑)」と笑顔で応えていた。

撮影後には「4回転ジャンプをしているので、その飛ぶ位置や精度、姿勢にはかなりこだわりました。またステップ一つ踏むにも、一つ一つ丁寧にキモチを込めて滑ることができたので、そこに込められた意味やキモチを、少しでも感じていただけたら嬉しいなと思います」とCMの見どころをアピールした。

なお、CMのオンエア開始にあわせ、本日よりWEB特別コンテンツ「360°SKATING FOR YOU」が公開。これは自分の周囲360°の視界内で、浅田真央選手と羽生結弦選手がまるで目の前でスケーティングをしているような様子を体験できるWEB限定のコンテンツとなっている。

■360°SKATING FOR YOU
http://ghana-360skating.jp/

■「2人の羽生結弦」篇 CMカット

■「2人の浅田真央」篇 CMカット

■「2人の羽生結弦」篇 メイキング

■「2人の浅田真央」篇 メイキング

http://youtu.be/LaDFbwqN720
http://youtu.be/NmLiPpgXtxs

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!