中井貴一&長澤まさみがキャスターに ワイドショーが舞台のコメディで初共演

映画『グッドモーニングショー』

『踊る大捜査線』シリーズの脚本や『誰も守ってくれない』などの監督で知られる君塚良一が監督・脚本を手掛ける最新作『グッドモーニングショー』の製作が決定し、俳優の中井貴一と女優の長澤まさみがワイドショーのキャスター役で初共演することがわかった。


本作はワイドショーのメインキャスター・澄田真吾の災難だらけの1日を描くコメディ・エンターテインメント。
生放送中にアシスタントの美人アナウンサーから2人の交際関係をばらすと脅され、プロデューサーからは番組打ち切りの危機をつげられ、さらに、突然起こった立てこもり事件に巻き込まれて犯人との直接交渉をする羽目にまでなってしまう。

映画『グッドモーニングショー』人物相関図

映画『グッドモーニングショー』人物相関図

本作の主人公で、朝の情報番組「グッドモーニングショー」のメインキャスター・澄田真吾を演じるのは中井貴一。
かつてはエースキャスターとして看板報道番組で活躍したが、現場リポートでの失態が原因で番組を降板。同期のプロデューサーに拾われて朝のワイドショー番組の顔となるが、家庭ではバカにされ、共演のキャスターからは交際発表を迫られるなどうだつの上がらない男という役どころ。
そんな澄田真吾のアシスタントを務める女子アナ・小川圭子を演じるのは中井とは初共演となる長澤まさみ。澄田との関係を勘違いし、二人の交際を生放送中に公表しようとする!?ぶっ飛んだキャラクターだ。

初めてのキャスター役を演じる中井は、クランクインの数日前に実際のテレビ番組の製作現場を訪れたという。「朝3時にTV局入りして、番組終了後の反省会まで6時間。日頃画面を通し、キャスターの方々がいとも軽やかに番組を進めて行くのを拝見し、意外と自分でもやれるのではないかと簡単に思っていたのですが、現場は想像以上に大変。“たかがテレビ、されどテレビ”を痛感させられ、役作りの大きなヒントになりました」と新たな発見も。「テレビの意味を問うところも、この映画のテーマの一つ。一人の人間があたふたとしている滑稽な状況の中から、世の中の仕組みやテレビの作られ方などが分かってもらえたら嬉しいです」とアピールした。

同じく初のアナウンサー役に挑む長澤も、現役の女子アナから発声の指導を受けた。「新たに挑戦する役になりますが、しっかり演じきって実際にTV局からキャスターのオファーが殺到するくらいになる様に頑張ります!」と気合十分。
中井との初共演については「子供の頃ませていたからか(笑)、中井さんが出演されていた恋愛ドラマをよく見ていました。まさか共演できるとは思っていなかったのでとても嬉しいです。一緒に良いチームワークを作っていきたいです」と期待を膨らませている。

そのほか、新人アナウンサー・三木沙也役に志田未来、澄田に理解を示す同期のプロデューサー・石山聡役に時任三郎、澄田の妻で元女子アナ役に吉田羊、立てこもり事件の犯人役に濱田岳、事件の解決にあたる警視庁特殊班リーダーに松重豊、さらには個性的な番組スタッフに池内博之、林遣都、梶原善、木南晴夏、大東駿介とバラエティに富んだ俳優陣が顔を揃えた。

映画『グッドモーニングショー』は2016年公開。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top