中島美嘉がドラマ「表参道高校合唱部!」オリジナルソングを歌唱 5年ぶりドラマ出演も

歌手の中島美嘉が現在TBS系で放送中の金曜ドラマ『表参道高校合唱部!』(金曜よる10時)の劇中歌を歌うことが8日、わかった。中島がドラマ劇中曲を歌うのは2010年放送の「うぬぼれ刑事」(TBS)以来5年ぶり。


今回、中島が歌うのはドラマの主人公・香川真琴(芳根京子)が両親の離婚を阻止するために探し続けている、合唱部に古くから伝わるという「愛の歌」。
これまでのストーリーの中で、「愛の歌」という曲の存在は触れられていたが、実際にどんな歌なのかは明かされておらず、これから最終回に向けて大きな役割を果たすこととなる。

このコラボレーションは、最終回に向けてのドラマストーリーの盛り上がりの中で「この『愛の歌』を出演者がシーン中で歌うだけではなく、挿入歌としても使いたい」と考えたプロデューサーが中島にオファーして、実現。

さらに9月11日放送の第8話に中島がゲスト出演することも決定。中島がテレビドラマに出演するのも「うぬぼれ刑事」以来5年ぶりとなる。
役どころは表参道高校合唱部のOGで、現在はプロのアーティスト・神島カナとして活動しているという設定。ドラマ中では合唱部の部員たちと一緒に、自身もカヴァーしたことのあるBEGINの「恋しくて」を歌った。

久しぶりのドラマ出演に緊張していたという中島だが、撮影当日は友人である神田沙也加(瀬山えみり役)と仲の良い様子を見せるなど、終始笑顔で収録に臨んでいた。
撮影後には「5年ぶりのドラマ出演でとても緊張して臨みましたが、共演者の方にも支えていただき楽しく演じることが出来ました。私の歌う曲が少しでもドラマのストーリーを盛り上げることが出来たらうれしいです」とコメントした。

中島美嘉が歌う表参道高校合唱部!ドラマオリジナルソング「愛の歌」は9月25日より、配信先行にてリリースが決定している。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top