田中圭が中村静香の巨乳の虜に? ドラマ「恋の時価総額」はラブコメならぬ“カブコメ”

「恋の時価総額」

俳優の田中圭、木南晴夏、中村静香、波岡一喜が出演するBSスカパー!の連続ドラマ「恋の時価総額」が10月23日(金)から放送スタート。


BSスカパー!開局1周年記念番組として制作される同ドラマは、「私をスキーに連れてって」「彼女が水着にきがえたら」「波の数だけ抱きしめて」など大ヒット作品 を生み出し、バブル時代のラブコメの代表として今も支持され続けているホイチョイ・プロダクションズの馬場康夫が制作総指揮をとる。
タイトルから想起される通り、物語のキーワードとなるのは「株」。「カブ」 と「ラブ」をめぐる物語をシチュエーションコメディで描く。

舞台となるのは田中ら4人の男女2人ずつが隣の部屋に住むマンション。
田中圭が演じるのは巨乳好きのテレビプロデューサー・栗原涼介。浮気が見つかり、妻に家を追い出され、波岡一喜演じるデイトレーダーの浜崎ユキトが住むマンションに転がり込む。

ユキトは隣に住む木南晴夏演じるOLの辰巳ノリコに密かに想いを寄せており、何と、ノリコの行動を一部始終監視するためカメラを取り付けていた。さらにカメラを取り付けたノラ猫をノリコが飼ってしまい、部屋の中まで盗撮できる状況に。
これは犯罪だと撤去を指示する涼介。ほとんどのカメラは撤去したが、猫についているカメラだけ外せない。そんなある日、ノリコに出会った涼介はユキトの部屋に涼子を誘う。

ユキトの部屋でノリコはすっかり酔っ払い、涼介に好きと告白。涼介は拒絶。ノリコと二人きりになったユキトは、得意の株の話を盛んにするが、ノリコは寝てしまう。ユキトがキスしようとする瞬間にノリコは目覚め、反対にユキトに襲 いかかる。出てきて驚く涼介。

翌日、ユキトはノリコのSNSで「好きな人ができた」というのを、自分と勘違いし上機嫌。それを見た涼介はこの家を出て行こうと荷物をまとめるが、そこへノリコが中村静香演じる巨乳の愛莉を連れてやってくる。愛莉を見てたちまち心変わりする涼介。一方、愛莉は出てきたユキトを見て「株で儲けた人だ!」と喜ぶ。

デイトレーダーが発信する株や経済情報などが絡み合って毎回巻き起こる事件とともに、4人の恋愛模様が繰り広げられる。

ドラマは10月23日(金)より毎週金曜日午後9時放送。第1話無料放送。

田中圭 コメント

どちらかといえば、栗原涼介という人物は一緒に仕事をしたくない嫌いなタイプですが、それぞれに駄目なキャラクターが集まってどのようなドラマをつくり出せるか挑戦し甲斐があります。シチュエーションコメ ディでは、他のドラマで求められるお芝居の技術や感情の持って行き方とは違うリアルな感覚が大事になる と思います。気楽にも観られて、ハマって観ても楽しめるものを、この4人でつくります。

木南晴夏 コメント

キャストの皆さんとは、以前にご一緒したことがあるので、最初から和気あいあいとできそうです。圭君がテレビプロデューサーで波岡さんがデイトレーダーという設定の胡散臭さがすごく面白いなと思いました。軽い気持ちで「バカだなぁ」と思って観てもらえればと思います。

中村静香 コメント

恋愛と株が絡んでどんな風にドラマが進むのか予想がつきません。限られた空間と限られたキャストで繰り広げられる複雑な人間関係の行方が気になります。ドタバタと楽しいものになると思うので、台本をより面白く演じられるように頑張りますし、キャストの先輩方の姿を見て、ここぞとばかりに勉強させていただこうと思っています。

波岡一喜 コメント

僕も株には興味があるのでデイトレーダーという役を演じるのが楽しみです。シチュエーションコメディにも一度は挑戦したかったですし、これまで、人を撃ったり捕まったりする役が多かった僕にとって、恋愛が絡んだドラマに関われるのはとても楽しみです。観る人にとってアドリブと台本の区別がつかないのがシチュエーションコメディならではの魅力なので、視聴者が思わずクスっとしてしまうようなドラマを計算して つくれればと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top