桐谷美玲が坂口健太郎に「ごめんなさい」 タイプの男性像を語る

『ヒロイン失格』の特別試写会に登壇した桐谷美玲と坂口健太郎

女優の桐谷美玲と俳優の坂口健太郎が10日、名古屋で行われた映画『ヒロイン失格』の特別試写会で舞台挨拶に立った。


この日のイベントには200名の当選人数に対して、なんと約6400通の応募が殺到。当選倍率32倍もの中から抽選で選ばれた幸運な観客を前に桐谷は「何度か名古屋に来ていますが、本当にごはんが美味しいです。今日はロケでひつまぶし、手羽先、あんかけスパゲッティをいただきまして、でらおいしかったです」と名古屋ならではのトークで会場を沸かせる。続いて坂口も「本当に食べ物がおいしいですよね!」と話して現地のファンを喜ばせた。

「原作コミックが本当に好きで、色々なところでお話ししていて、いつか実写化するならヒロインをやってみたいと思っていたんです。オファーもないのに勝手にヘン顔の練習をしていました」という桐谷。実際にオファーを受けた時は「夢が叶ったと思いました」と出演の喜びを語った。
学校一のイケメンという役どころの坂口は「まさか自分にと思いましたが、ありがたかったです。あまりプレッシャーは感じませんでしたが、脚本を読んで弘光くんが好きになったので撮影は楽しかったです」と振り返った。

“私が好きな人”と“私を好きな人”の間で揺れ動く恋心を描く本作。
坂口演じる“私を好きな人”弘光について桐谷は「弘光君は本当に完璧な男なんです。はとりちゃんを想ってくれている弘光君と一緒にいると、はとりちゃんは幸せなんですよね」とコメント。しかし実生活では「ただ、私自身は完璧な男の人に実は魅かれないんですよ。私のずぼらなところを見てひいちゃうんじゃないかと…実際はかわいらしい人がタイプです。弘光くんよりも利太の方が好きです。坂口くん、ごめんなさい!原作読んでいるときから利太派で…」と恋愛観を正直に告白。
一方、桐谷演じるヒロイン・はとりについて坂口は「はとりみたいに喜怒哀楽を表に出してくれる人は素敵だなと思います」と語る。しかし、坂口自身は「ちょっと秘めたものがあった方が魅かれますね。ちょっと知りたいなと思う部分が20%くらい欲しいです。残り80%ははとりちゃんみたいに感情顕わな感じが好きです」と明かしていた。

イベント中盤では、先日大阪で山崎賢人が願いを込めた巨大絵馬が登場し、桐谷と坂口がそれぞれ「たくさんの人に愛される映画になりますように。」(桐谷)「『ヒロイン失格』を観て素敵な恋が生まれますように」(坂口)と願いを書き込んだ。

映画『ヒロイン失格』は9月19日公開。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top