内田理央、初主演映画でふんどしスケバン姿披露

テレビ朝日「仮面ライダードライブ」にてクールなヒロイン・詩島霧子役を演じている内田理央が来年公開の映画『血まみれスケバンチェーンソー』で主演を務めることがわかった。


映画『血まみれスケバンチェーンソー』主演・内田理央

映画『血まみれスケバンチェーンソー』主演・内田理央

映画は「月刊コミックビーム」(KADOKAWA刊)にて連載中の同名漫画を実写化したもの。突如として次々にクラスメイトが改造人間に変貌し迫りくる環境下において、女学生の鋸村ギーコが自前のチェーンソーでそれらと戦うゾンビスプラッターアクション作品。

これが映画初主演となる内田は、「仮面ライダードライブ」で演じている清純派ヒロインから一転、セーラー服×ふんどし×下駄姿を披露している。
「血まみれになってチェーンソーをぶん回してきました!!! 重さ4キロのチェーンソーとゲタでのアクションは大変でしたが、皆さんがびっくりするような作品になっている と思います。原作の漫画を読んだ時の衝撃を、映画館で感じて頂きたいです」と作品をアピール。

メガホンをとったのは「メサイア シリーズ」「グシャノビンヅメ」「ヲ乃ガワ-WONOGAWA-」など編集CG技術に長け、海外からの評価実績もある山口ヒロキ監督。脚本は劇団ピチチ5(クインテット)の主宰であり、脚本演出も務める福原充則が手掛けた。映画『血まみれスケバンチェーンソー』は2016年初頭公開予定。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top