広瀬すず主演「ちはやふる」第1弾ビジュアル公開 原作コミックへのオマージュ

©2016映画「ちはやふる」製作委員会 ©末次由紀/講談社

広瀬すずの映画初主演作となる『ちはやふる』の第1弾ビジュアルが13日、解禁となった。



末次由紀の同名人気コミックスを実写映画化する本作は、“競技かるた=百人一首”に情熱を懸ける高校生達の友情・恋愛・成長を描く青春群像劇。
キャストには広瀬のほか、野村周平、真剣佑、上白石萌音、矢本悠馬、森永悠希、清水尋也、松岡茉優といった若手俳優陣が顔を揃え、『タイヨウのうた』『カノジョは嘘を愛しすぎてる』など等身大の若者たちを活き活きと描き、青春映画に定評のある小泉徳宏監督がメガホンをとる。

今回解禁となったビジュアルは、原作第2巻の表紙を踏襲したデザイン。広瀬すず演じる主人公・綾瀬千早の表情のアップと、その手には千早が百人一首の中で最も大切にしている句「ちはやふる」の札を配することで、原作へのオマージュを捧げつつ、千早の競技かるたへの熱い想いを強調したデザインとなった。
広瀬は「ワンカット目からスタッフさんの間で『おおー!』という声が上がったことについ反応してしまいました。『千早』なんだって、改めて実感させてもらえた撮影でとても幸せでした」と撮影を振り返る。

このデザインは、原作者の末次由紀が撮影現場で千早を演じる広瀬すずを見て「千早がいる」と感激したことをきっかけに「原作のイメージと広瀬すずが演じる千早の魅力を最も表現出来るビジュアル」として決定。
完成したビジュアルについて広瀬は「こうして『千早』として撮って頂けて本当に光栄です。完全実写化という難しさも実感しましたが、出来上がったビジュアルを観て夢が叶った感じです」と喜びを語っている。

第1弾ビジュアルは9月19日(土)より全国の劇場にて掲出。
映画『ちはやふる』は、2016年3月≪上の句≫、4月≪下の句≫二部作連続公開。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top