Perfume、東京国際映画祭レッドカーペットへ 主題歌入り映画予告編も解禁

2014年に開催され、アメリカ、ヨーロッパ、アジア各地を回った「Perfume WORLD TOUR 3rd」の裏側に完全密着したPerfume初のドキュメンタリー映画 『WE ARE Perfume -WORLD TOUR 3rd DOCUMENT』(10月31日公開)が、10月22日から開催される第28回東京国際映画祭パノラマ部門に選出され、正式招待されることが決定した。


『WE ARE Perfume -WORLD TOUR 3rd DOCUMENT』これにともない、Perfumeの3人が22日に行われる同映画祭オープニングセレモニーのレッドカーペットに参加することも決定。
かしゆかは「国際映画祭のレッドカーペットを歩ける日が来るなんて夢にも思いませんでした。関わってくれた人の気持ちを胸に3人で歩けることをとても嬉しく思います!少しの間ですが国際映画祭という華やかな場所にお邪魔させていただいて楽しめたらな、と思ってます! 」と期待を寄せ、あ〜ちゃんは「ポリリズム」が全世界共通挿入歌に抜擢された『カーズ2』(2011年)のワールドプレミアで歩いたカーペットがサーキットに見立てた黒だったことに触れ、「念願のレッドなカーペット!!踏みしめて歩きたいと思います。ひゃん。緊張する…笑」と胸を高鳴らせている。

東京国際映画祭のパノラマ部門は本年度から新設された部門で、映画の多様性をコンセプトに様々なジャンルから公開前の最新話題作を選出。同映画祭事務局は選出の理由として、「海外でも人気の高いアーティストの作品を東京国際映画祭で上映し、広く海外に発信する事に対し、大きな意義を感じるため選定致しました」とコメントしている。

そして、本作が10月31日に日米同時公開となることも決定した。
邦画では3作品目、ドキュメンタリー映画では初めてとなる日米同時公開は、Perfumeが2014年秋に「Perfume WORLD TOUR 3rd」公演を行なった、ニューヨーク、ロサンゼルス両都市の劇場が日本からのオファーにいち早く手を上げて実現。
米国の配給元は「Perfumeのドキュメンタリーが米国と日本で同時上映されると聞いて、我々は非常に喜んでいます!あ〜ちゃん、かしゆか、のっちがグローバルに有名になったことを大変誇りに思っています。彼女たちのもっとも最近のワールドツアーの舞台裏を見られること、特にファンの仲間たちとあのスペシャルな瞬間を追体験できることに非常に興奮しています。彼女たちがまた近いうちにアメリカで公演してくれることを楽しみにしています!」とPerfumeへの熱い思いを打ち明けている。
さらに、本作は北米を皮切りに台湾、香港、シンガポール、メキシコでの公開も決定。また、南米、ヨーロッパでの公開も予定されている。

のっちは「なんだかすごい事になってきました…!とにかく早く観てほしいな。あ〜楽しみ〜」と大興奮。あ〜ちゃんは「わたしたちPerfumeのライブが、どんなやりとりでどんな風に作られているのか、本当にたくさんの場面で密着していただいているので、若干恥ずかしいところはありますが、ありのままの私たちを、日本のみならず海外の方にも見届けてもらえること、すごく嬉しいです!!」と喜びを語っている。

また、Perfumeの15年が凝縮された映画主題歌「STAR TRAIN」(10月28日発売)が使用された映画の本予告も初解禁となっている。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top