秋元才加主演「媚空」東京国際映画祭パノラマ部門に出品 本予告&ポスタービジュアル解禁

女優の秋元才加が主演する牙狼<GARO>10周年記念作品、劇場版『媚空-ビクウ-』が10月22日から開催される第28回東京国際映画祭のパノラマ部門に出品されることが決定。本予告編と本ポスタービジュアルも解禁となった。


劇場版『媚空-ビクウ-』ポスタービジュアル

劇場版『媚空-ビクウ-』ポスタービジュアル

本作は大ヒットシリーズ『牙狼<GARO>−魔戒ノ花』から派生したキャラクターである闇斬師・媚空を主人公に、入心の術を初めとする斬新な映像表現、秋元才加の肉体美と身体能力を存分に活かした華麗なアクションシーン、推理や謎解きを絡めたミステリアスな物語の展開など、これまでにない魅力に満ちた意欲作。
共演には演技力に定評のある須賀健太、ミッキー・カーチス、朝倉えりか、伊藤かずえ、そして佐野史郎など、ベテラン勢の高い演技力が物語に深みを与えている。

今回お披露目となった予告編では、闇に堕ちた同志を切らなければならないという秋元才加演じる闇斬師が抱える哀しき性が描かれており、単なるアクションにはとどまらない牙狼の世界観が今回も楽しめることが確信できる。また、人の心の中に入り込むという、そのかつて見たことがない斬新な映像表現が徐々に明らかとなる。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!


Top