桐谷美玲、原作者からの手紙に感涙 主演熱望した「ヒロイン失格」初日

女優の桐谷美玲が19日、映画『ヒロイン失格』の初日舞台挨拶に登壇。サプライズに感激の涙を流した。


本作は全10巻で累計160万部を超える人気同名コミックの実写映画化。幼なじみの利太のことが大好きで自分こそが彼と結ばれるヒロインと信じて疑わない女子高生のはとりが主人公。イケてない地味な女の子と交際をスタートさせてしまった利太を奪還しようと企てるはとりの前に学校イチのイケメン・弘光がアプローチしてきて、まさかの三角関係に。“私が好きな人”と“私を好きな人”の間で揺れ動く恋心を描くラブコメディ。

かねてより原作の大ファンと公言していた桐谷は「4年前にこの漫画に出会って、いつかはとりを演じたいなと思っていて、初日を迎えてようやく夢が叶ったなと、いますごく胸がいっぱいです。こんなにたくさんの方に楽しみにしていただいて、観ていただけたことを嬉しく思います」と冒頭の挨拶から涙で声を詰まらせていた。

幸田もも子氏からの手紙に涙する桐谷

幸田もも子氏からの手紙に涙する桐谷

途中、原作者・幸田もも子氏からの、はとりと桐谷が並んで描かれた色紙が贈られるサプライズ。続けて幸田氏からの手紙を共演の福田彩乃が代読した。

手紙では桐谷をモデルに原作のはとりを描いたことが明かされ、「いつか実写化したら絶対はとりは美玲ちゃんがいい、美玲ちゃんじゃなきゃ嫌だと思うようになりました」との想いが綴られた。「映画の中の美玲ちゃんは何度も言いますが、はとりそのものでした。美玲ちゃんが泣く度に私も泣きました。美玲ちゃんにはとりを演じてもらえたこと、本当に言葉じゃ言い尽くせないほど感謝しています。本当に本当にありがとうございました」と手紙が読み上げられると、桐谷の目には大粒の涙。「私もずっと大好きで、いつか現実になりたいと強く思っていたので、本当に幸せです」と喜びを噛みしめていた。

山崎&坂口からもサプライズの花束が贈られた

山崎&坂口からもサプライズの花束が贈られた

さらに桐谷へのサプライズは続き、共演の山崎と坂口から花束が贈られた。桐谷はサプライズに驚きつつ、「やるねえ」と2人に感心。「この皆さんと一緒に大好きなこの映画が作れて本当によかった」と感無量の様子で、山崎から「ヒロイン合格だね!」との言葉が贈られると、満面の笑顔を見せていた。

舞台挨拶には桐谷美玲、山﨑賢人、坂口健太郎、福田彩乃のほか、我妻三輪子、高橋メアリージュン、濱田マリ、竹内力、そして英勉監督が登壇した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top