ゆず・北川提供の歌舞伎版「ワンピース」主題歌「TETOTE」 12歳少女が歌唱

ゆずの北川悠仁が楽曲提供する「スーパー歌舞伎II『ワンピース』」の主題歌タイトルが「TETOTE」に決定。ボーカルを新人のRUANが務めることがわかった。



ゆず・北川悠仁

ゆず・北川悠仁

歌舞伎俳優、市川猿之助⽒が演劇界を代表する才能たちと新しい舞台空間を創造する「スーパー歌舞伎II(セカンド)」として上演される同舞台。
尾⽥栄一郎氏による大ヒット漫画「ONE PIECE 」を原作に、主⼈公・ルフィや海賊たちと、海軍との間で頂上決戦が繰り広げられる「頂上戦争編」を舞台化する。

主題歌「TETOTE」 は、北川が劇中の重要なシーンやエンディングで流れる様をイメージし、実際に稽古場へ足を運び物語の背景を汲み取りながら制作。『ワンピース』の世界観を踏襲しながらも、“みんなが手と手をとり合い、歌える”普遍的ナンバーに仕上がった。

RUANは、楽曲の制作の過程で発掘された12歳、小学6年生の女性シンガー。まだデビュー経験はないものの、少年とも少⼥ともつかない無垢な純粋さを秘めながら、どこまでも響く中性的でのびやかな歌声の持ち主で、異例の⼤抜擢となった。

「スーパー歌舞伎II」は10月7日から11月25日まで、東京・新橋演舞場にて上演。2016年3月に大阪松竹座でも上演が決まっている。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top