乃木坂46「From AQUA」新CMで“水の妖精”に 一番妖精っぽいメンバーは?

乃木坂46が「From AQUA(フロムアクア)~谷川連峰の天然水~」の新CMイメージキャラクターに起用され、27日、都内で行われた記者発表会に出席した。


「From AQUA」はJR東日本ウォータービジネスが開発し、JR東日本の各駅に設置されているエキナカ自販機acure(アキュア)などで販売しているミネラルウォーター。
10月10日より関東エリアで放映される新CMには、乃木坂46の13thシングル「今、話したい誰かがいる」(10月28日発売)が使われ、同楽曲の選抜メンバーが出演する。

この日の記者発表会にはCM出演メンバーから秋元真夏、衛藤美彩、白石麻衣、西野七瀬、橋本奈々未、深川麻衣の6人が出席。
「From AQUA」の採水地、谷川岳がある群馬県出身の白石麻衣は「親近感が湧くし、親も喜ぶと思う。たくさんアピールしていきたい」とイメージキャラクター就任に意気込みを語った。

CMは、自然の恵みである湧き水を表現したファンタジーな水中空間を、純白のドレス姿のメンバーが浮遊する、乃木坂46の透明感を凝縮したような映像。水中を泳いでいるように見せるシーンはワイヤーを使って撮影され、慣れないワイヤーの撮影に苦労も明かしつつ、西野は「UFOキャッチャーで運ばれている気分で楽しかった」とニッコリ。
運動は得意なものの、唯一泳ぎだけが苦手という衛藤美彩も「本当に泳げているようで嬉しかった」と笑顔で撮影を振り返った。

報道陣から「この中で一番妖精っぽいのは?」との質問が飛ぶと、秋元真夏が真っ先に挙手し、「私しかいない」と自信満々。西野から「真夏でいいと思います。スタイルがよくてマスコット的なバランス感がある」と同意を得ると、「キャー」と喜びの悲鳴をあげていた。
橋本奈々未は「今日ここにはいないんですけど」と齋藤飛鳥の名前を挙げ「普段から妖精のようだと思っているので、このCMにピッタリ」と太鼓判。「このメンバーの中では深川麻衣ちゃん。普段から仏のようなので内面的にも妖精のよう」と深川を指名。同じく衛藤も「聖母と呼ばれているので優しさとかが妖精っぽい」と深川を挙げていた。

なお、10月5日からは約700台のエキナカ自販機acureの側面に、選抜メンバー16人16種類の大型グラフィックシートを掲示。
12月1日からはacureメンバーズになることで乃木坂46オリジナルグッズが当たるキャンペーンも実施される。こちらはacureメンバーズ登録済のSuicaなど交通系電子マネーを利用してacureで買い物をするとポイントが付与され、ポイントを貯めて応募すると、乃木坂46のメンバーと楽しめるオリジナルイベントへの参加券やペーパーフィギュアセット(予定)などが当たる。

■CM場面カット&グラフィックシート



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top