乃木坂46、新曲ジャケット写真は「ここさけ」の舞台・秩父で撮影

乃木坂46の13thシングル「今、話したい誰かがいる」のジャケット写真が2日、公開された。



「今、話したい誰かがいる」Type-A

「今、話したい誰かがいる」Type-A

今作は表題曲がアニメーション映画「心が叫びたがってるんだ。」の主題歌に起用されていることから、映画の舞台にもなっている埼玉県秩父市にてジャケット写真の撮影を敢行。撮影当日は台風18号が接近していたにも関わらず、奇跡的に撮影が行えたという。

ジャケット写真は、映画「心が叫びたがってるんだ。」で描かれている主人公達との距離感をコンセプトとし、制服衣装や撮影場所も映画の世界観に沿って考えられた。

Type-AとType-Bのジャケット写真には、それぞれ今作のフロントに立つメンバーが2人ずつ登場。Type-AはWセンターを務める白石麻衣と西野七瀬が向かい合う形で遠くを見つめるカット。Type-Bは、ともに今作で初めて選抜メンバーの1列目のポジションを担うこととなった衛藤美彩と深川麻衣が、携帯電話を手にバスに揺られているような光景。
Type-Cは選抜2列目のメンバーがバス停でバスを待っている風景、通常盤は3列目のメンバーがベンチに腰掛けており、いずれも片田舎で学生生活を送る女子学生の風景をメンバーが自然な姿で再現した、ストーリー性を感じられるジャケット写真に仕上がった。

「今、話したい誰かがいる」は10月28日(水)発売。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top