多部未華子が73歳の毒舌おばあちゃんに? 倍賞美津子と二人一役

「あやしい彼女」多部未華子×倍賞美津子

女優の多部未華子が映画『あやしい彼女』に主演し、見た目は20歳、中味は73歳のおばあちゃんという役どころに挑戦することがわかった。



毒舌で頑固でおせっかい、トラブルばかり引き起こす73歳のおばあちゃん・カツが、ある日突然20歳の自分に逆戻り。髪型を変え、洋服を変え、名前を変え、天性の才能を活かして歌手になる夢を叶え、淡い恋に胸をときめかせ……失われた青春を取り戻すという物語をキュートでコミカルなヒロイン像で描く。

若返った20歳の主人公を演じる多部は、見た目20歳、中味は毒舌キャラの73歳というかつてない強烈なキャラクター像
「おばあちゃん…バンド…ボーカル…初めてのことがたくさんありますが、コメディなのでとにかく楽しく、愉快に、面白く演じられればいいなと思います。水田監督は、たくさんのスタッフキャストに愛されている監督だと聞いていますので、初めから安心感でいっぱいですが、話し合いながら一緒に、いけずで愛らしい節子(カツ)を作り上げていけたら…と思っています」と意気込みを語る。

若返る前の73歳の毒舌おばあちゃん・カツを演じるのは倍賞美津子。1本筋の通った、痛快な啖呵が次々と飛び出し、インパクトの高い演技で、観るものを引き込む。

「多部さんとは顔形は違うけれど、演技の中でふとした時のしぐさや動きの癖を合わせるだけでなく、私たちが演じる主人公の気持ちやバックグラウンドを共有できれば、繋がって、同一人物だということが伝わると思います」という倍賞の言葉通り、現場では、20歳の節子と73歳のカツという同一人物を違う俳優が演じるにあたり、倍賞の演技シーンを多部が一緒に体験し、動きのエッセンスを参考にするほか、演じる主人公の内面を共有し、同一人物に見えるよう魅力的な役作りが日々行われている。

メガホンをとるのは『謝罪の王様』『舞妓Haaaan!!!』などで日本コメディ映画界のトップランナーとなった、水田伸生監督。「憧れの大女優、倍賞美津子さんの愛情キラキラ溢れる芝居に、そして多部未華子さんの可愛いくも切れ味抜群の芝居に、毎日痺れまくっています。身も心もビリビリ痺れる映画に…します、なります、きっと!」とアピールしている。

映画『あやしい彼女』は2016年4月1日公開。

■ストーリー

周囲から煙たがられる73歳のおばあちゃん瀬山カツ(倍賞美津子)は、女手ひとつで娘を育て、望むような人生を生きることはできなかった。ある日、娘と喧嘩し家を飛び出した先で、ふと目にした写真館に引き寄せられる。写真を撮って店を出てみると、そこにはなんと20歳に戻った自分がいた・・・!

20歳の麗しい容姿を取り戻した彼女(多部未華子)は、“神様がくれたチャンス?”とばかりに、髪型、洋服、そして名前も節子と変え、思い通りに生きられなかった人生を取り戻すために新しい生活を始める。ある日、なじみの商店街で開かれたのど自慢大会で、得意の昭和歌謡を気持ちよく熱唱、その歌声は会場中を魅了し、歌手になる夢が動き始めた・・・!
大好きな歌を歌い、淡い恋もして…あきらめていた奇跡のような日々、その姿は関わる人たちに、勇気や夢を与えていく。しかしそんな夢は長くは続かず・・・?



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top