松井玲奈、目下の目標は「友達を100人つくる」

松井玲奈と武井壮

今年8月にSKE48を卒業した松井玲奈が6日、都内で行われたディズニー映画『トゥモローランド』のMovieNEX発売とデジタル配信開始を記念したイベントに出席した。



今年6月に劇場公開されたジョージ・クルーニー主演のSFアドベンチャー『トゥモローランド』は、主人公の少女がすべてを可能にする未来都市“トゥモローランド”への招待状となる不思議なピンバッジを手に入れたことから始まる、幾多の謎と驚きに満ちた映画。

松井は黒を基調としたエレガントなワンピースに、劇中に登場するピンバッジをつけて登場。「『トゥモローランド』ということで、未来を意識した衣裳を用意していただきました」と笑顔を見せた。

松井玲奈

松井玲奈

イベントでは本作の内容にちなみ、未来を切り開いていくための目標を発表。松井はフリップに「友達を100人つくる」と記入し、「この間、自分のLINEを見ていたら友達が200人いたんですよ。嘘だろうと思って、そんなにいないよって。グループのメンバーだったり、その関係の方々がいっぱいいらっしゃって、よく見たら誰?みたいな、わからない方もいた」と告白。「ここから絞ったら自分の本当の友達は何人なんだろうと思って、本当に友達をしっかり作っていかなきゃ」と意気込み、新たな友達第1号としてイベントに同席した武井壮と握手を交わした。

SKE48を卒業して1ヶ月。卒業後、SKE48のメンバーとは「結構会ってますね。ご飯に行ったり、在籍していた時より会ってると思います」と話し、「『何してるんですか?』って聞かれます。後輩から『今日は玲奈さんの衣裳着ました』とか『玲奈さんのポジションで歌いました』っていう連絡をくれて、嬉しく思います」と語った。

イベント後の囲み取材では「1人になって寂しさはある?」との質問が飛び、「ないですって言うとすごい薄情に見えませんか?大丈夫ですか?」と苦笑いを浮かべつつ、「あまり感じてないです。逆に今メンバーが頑張っている姿を見るのが楽しみです」とキッパリ。
SKE48は前日6日に劇場デビュー7周年の記念公演を開催。「出たいと思った?」と聞かれた松井は「思ってなかったです。なんかもう薄情みたいになるからやめてください」と笑いながら、「みんなはみんなで頑張っていて、私は私で今自分に課せられた課題がたくさんあるので、自分のお仕事を頑張っていきたい」と女優業へ意欲。目標とする女優像については「松井玲奈としてではなくて、見てる方にそのキャラクターとして覚えていただけるような、そういう役者さんになれたら」と展望を語った。

『トゥモローランド』MovieNEXは10月7日(水)発売、同日にデジタル配信およびブルーレイ/DVDのレンタルも開始される。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top