桐谷美玲、乃木坂46、中村アンら受賞「第28回 日本メガネベストドレッサー賞」

“今メガネの最も似合う各界の著名人”に贈られる「第28回 日本 メガネ ベストドレッサー賞」の表彰式が6日、東京ビッグサイトで開催され、女優の桐谷美玲、乃木坂46、モデルの中村アンらが受賞した。


芸能界部門(女性)に選出された桐谷は「私は子どもの頃からメガネをずっとかけていて、私の生活にはなくてはならないものなので、嬉しい気持ちでいっぱいです。これからもメガネとともに生活していけたら」と受賞を喜んだ。

芸能界部門(男性)で受賞となったお笑いコンビ・ピースの又吉直樹は「中1くらいからメガネをかけていて、メガネをかけ始める前から眉間を指でこする癖があるので、おそらく前世でもメガネをかけていたと思う」と話して会場の笑いを誘い、「メガネとは深い付き合いをしてきたので、これからも大事にしていきたい」と話した。
サングラス部門で受賞した中村アンは「サングラスが大好き」とニッコリ。「サングラスをかけることで、違う自分になれたり、パワーが湧いてきたりするので、皆さんにもたくさんサングラスをかけてほしい」とサングラス愛をアピールした。

また、「今後、メガネをかけて活躍してほしい人」に贈られる特別賞には乃木坂46が選出された。表彰式には本賞のために選抜された「乃木坂46メガネ選抜」として秋元真夏、衛藤美彩、齋藤飛鳥白石麻衣、西野七瀬、深川麻衣の6名が出席。代表してトロフィーを受け取った白石は「特別賞ということで、今後もいろんなメガネをかけて、メガネを愛していきたい。いつかメガネを取り入れたミュージックビデオとかも作れたらいいなと思っています」と受賞を喜んだ。

「第28回 日本 メガネ ベストドレッサー賞」はほかに、外務大臣の岸田文雄氏(政界部門)、株式会社幻冬舎の見城徹代表取締役社長(経済界部門)、歌舞伎俳優の片岡愛之助(文化界部門)らが受賞し、この日の表彰式に出席した。

第28回 日本 メガネ ベストドレッサー賞 受賞者

■政界部門:岸田文雄(外務大臣)
■経済界部門:見城徹(株式会社幻冬舎 代表取締役社長)
■文化界部門:片岡愛之助(歌舞伎俳優)
■芸能界部門(女性):桐谷美玲(女優)
■芸能界部門(男性):又吉直樹(芸人)
■サングラス部門:中村アン(モデル・タレント)
■特別賞(今後、メガネをかけて活躍してほしい人):乃木坂46

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top