乃木坂46が「今後、メガネをかけて活躍してほしい人」に 白石・西野ら喜び

「第28回 日本 メガネ ベストドレッサー賞」特別賞を受賞した乃木坂46

乃木坂46が”今後、メガネをかけて活躍してほしい人”に贈られる「第28回 日本 メガネ ベストドレッサー賞」の特別賞に選ばれ、6日、東京ビッグサイトで開催された表彰式に出席した。



表彰式には本賞のために選抜された「乃木坂46メガネ選抜」として秋元真夏、衛藤美彩、齋藤飛鳥、白石麻衣、西野七瀬、深川麻衣の6名が出席。

代表して表彰状とトロフィーを受け取った白石麻衣は「こんなに素晴らしい賞をいただけて本当に嬉しいですし、乃木坂自体がこんなに素敵な賞をいただいたのが初めてなので、すごく緊張しています」とスピーチ。
「メンバーには早くからメガネを愛用している子もたくさんいまして、普段のプライベートのファッションの一部としてかけている子もいるので、すごく嬉しいです」とグループの受賞を喜んだ。

続けて西野七瀬が壇上でスピーチ。「私にとってメガネは絶対必要で、すごい大事な存在で、今でも朝起きてすぐメガネをかけて、そのままお仕事に行って、お仕事が終わったらまたすぐメガネに変わるっていう生活で、1日の中でもメガネと一緒にいる時間も長いので、今回このような賞をいただけてすごく嬉しく思いますし、これからもたくさんのメガネに出会いたいです」とメガネ愛を語った。

表彰式後には囲み取材に出席。
この日出席する予定だった橋本奈々未が体調不良のため、代理で出席した秋元真夏は「ドラマや映画でメガネをかけている役が多いので、この場に立たせていただけてすごく嬉しかった」とコメント。「メガネをかけると自信が湧いて、なんでもできそうな気分になる」といい、記者から「今何かできますか?」と振られると、「今ですか?多分なんでもできます。でも今日はななみん(橋本)の気持ちで出てるので、おしとやかにしてます」とニッコリ。

目が悪くて中学生の頃からメガネをかけていたという齋藤飛鳥は受賞を喜ぶと同時に「個人的に両親にメガネをプレゼントできたらとちょっと前から考えていて、今日ブースを回らせていただいた時にいいのがあったので、それを両親にプレゼントしたいと思います」と話していた。

“今メガネの最も似合う各界の著名人”に贈られる「第28回 日本 メガネ ベストドレッサー賞」はほかに、女優の桐谷美玲(芸能界部門/女性)、お笑い芸人の又吉直樹(芸能界部門/男性)、モデルの中村アン(サングラス部門)、外務大臣の岸田文雄氏(政界部門)、株式会社幻冬舎の見城徹代表取締役社長(経済界部門)、歌舞伎俳優の片岡愛之助(文化界部門)らが受賞し、この日の表彰式に出席した。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top