松坂桃李、“映画史上もっとも紳士なクマ”役で洋画吹き替え初挑戦

児童小説を実写映画化する『パディントン』で俳優の松坂桃李が日本語吹き替えを担当することがわかった。


原作は世界40ヶ国語以上で翻訳、全世界3,500万部以上の売り上げを誇るロングセラー児童小説。松坂は主人公パディントン役で初めての洋画吹き替えに挑む。

パディントンは、映画史上もっとも紳士なクマ。そのビジュアルは、ちょっと野生的だがモフモフした毛並みが「可愛いすぎる!」と話題だ。本国では、『007』のQ役で人気のイギリス人俳優ベン・ウィショーが声優を担当。日本語吹き替えでは、パディントンのように礼儀正しく、好青年でありながら、チャーミングな印象がパディントンにぴったりという理由から松坂が担当するが決まった。

「最初にこのお話をいただいた時、『え?クマってどんな声?』と困惑しました」と正直に告白するも、「本編を拝見し、愛らしく、繊細な心のひだをもつパディントンにすっかり魅了されてしまいました」とコメント。
「単にクマを演じるのではなく、パディントンを演じること。洋画の吹き替えは初めてなので、不安もあります。その分、新鮮な刺激にワクワクしてもいます。一つ一つの言葉を大切にパディントンの魅力が伝わるように演じられたらと思っています」と意気込みを語っている。

イギリス・ロンドンへ家を探しにはるばるペルーからやってきたパディントンの、初めての都会暮らしでのドタバタを描く映画『パディントン』は2016年1月15日全国公開。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top