中条あやみ、池松壮亮&菅田将暉と三角関係に?「セトウツミ」ヒロインに決定

樫村一期役・中条あやみ

池松壮亮と菅田将暉をW主演に迎えて実写映画化される『セトウツミ』のヒロインが、モデルで女優の中条あやみに決定した。



本作は「別冊少年チャンピオン」で連載中の同名コミックを映画化。関西のとある河原で2人の男子高校生が繰り広げる放課後の無駄話。ウィットに富んだ台詞、絶妙なユーモアと“間”のセンス。シニカルな「会話」の面白さだけで勝負するという風変わりな作品だ。

中条が演じるのは実家がお寺の女子高生、樫村一期。学校のマドンナ的存在で、菅田演じる瀬戸も彼女に惹かれているが、彼女がひそかに想いを寄せるのは池松演じる内海。瀬戸と内海を翻弄する(?)樫村の小悪魔的な魅力を、大阪生まれ大阪育ちの中条が初の関西弁の演技で表現する。

「セトウツミのストーリーの舞台が地元である大阪であることや、原作の漫画を読んだ時に、瀬戸と内海2人のシュールな何気ないやりとりがすごく面白くて、登場する猫のミーニャン役でも(笑)いいのでこの作品に関わってみたいと思っていた」という中条は、ヒロイン起用に「すごく嬉しかったです。今まで関西弁でのセリフを言う機会がなかなか無いので撮影を楽しみたいです。今から完成が待ちどおしいです!」と意気込みを語っている。

また、大森立嗣監督は中条の起用について「会ったとき強い光を放っていました。そして今よりもっと輝くと確信したので出演をお願いしました」と語っている。

映画『セトウツミ』は2016年全国公開予定。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top