B’z稲葉浩志が玉山鉄二主演ドラマ主題歌を書き下ろし

11月22日よりWOWOWにて放送開始となる「連続ドラマW 誤断」の主題歌をB’zの稲葉浩志が担当することが決定した。


「連続ドラマW 誤断」は作家・堂場瞬一による社会派ヒューマンサスペンス小説を、俳優の玉山鉄二を主演に迎えてドラマ化。
薬害事件を抱える大手製薬会社で、さまざまな人々の思惑が交錯するなか、隠蔽工作を指示された若手社員が企業の闇に飲み込まれていく様を描く。
「連続ドラマW 誤断」ビジュアル

「連続ドラマW 誤断」ビジュアル

「稲葉さんであれば、主人公の複雑な感情に寄り添いながら、暗闇から前に進むための微かな希望を与えてくれる、そんな音楽を作ってくださると思いオファーをさせていただきました」と担当プロデューサー。

ソロとしてB’zとはまた異なる独自の世界観を見せている稲葉浩志は、ドラマのために書き下ろした主題歌について「流れる時間と積み重なる時間というふたつの軸のなかで、過去を後悔し失うことを恐れ、明日への希望を持ち今を生きようとする主人公を描きました。ドラマのなかで流れるのが楽しみです」とコメント。

また「自分自身が多感な時期に、B’zに多くの影響を受け、まさにバイブル。確実に今の僕の感性の一部になっています」という主演の玉山は、「この作品にある様々な角度の正義、その狭間にある、世の中の違和感に溺れる人間、不鮮明な光……。この作品により重厚感を持たせて頂けました。撮影はまだ中盤ですが、この曲を胸に精進して行きたいと思います」と稲葉の主題歌担当を喜んでいる。

ドラマは11月22日から毎週日曜よる10時よりWOWOWにて放送。全6話(第1話無料放送)。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top