橋本環奈、セーラー服で始球式に登場 ノーバン達成に「カ・イ・カ・ンでした」

ふりかぶって

橋本環奈が14日、福岡・ヤフオクドームで行われたプロ野球「2015 SMBC日興証券 クライマックスシリーズ パ・リーグ」ファイナルステージの福岡ソフトバンクホークス対千葉ロッテマリーンズ戦で始球式を行った。



福岡を拠点に活動するダンスボーカルユニット・Rev. from DVLの一員として活躍する橋本は、角川映画40周年記念作品『セーラー服と機関銃 -卒業-』(2016年3月5日公開)で映画初主演を果たすことが決まっており、この日は劇中衣裳のセーラー服姿でマウンドに立った。

会場を埋め尽くした37,360人が見守る中、橋本環奈が投げた球は、ノーバウンドでキャッチャーミットへ。
投球後には「緊張で心臓が飛び出そうでしたが、無事ノーバウンドで届いて、カ・イ・カ・ンでした!ホークスの勝利と映画の大 ヒットへの手応えを感じます」と作品になぞらえて喜びを露わにした。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top