Flowerが岩田剛典×高畑充希「植物図鑑」主題歌担当 JUJUの名曲をカバー

Flower

2016年6月4日公開の映画『植物図鑑』の主題歌を、E-girlsとしても活動する女性6人組ダンス&ボーカルグループ・Flowerが担当することが決定した。


映画『植物図鑑』は有川浩の累計80万部を超える同名小説が原作のラブストーリー。
EXILE / 三代目J Soul Brothersのメンバーとして絶大な人気を誇る岩田剛典、そして若手演技派女優として注目を浴び、2016年NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」のヒロインにも大抜擢された高畑充希という、今一番輝くキャスト二人がともに映画初主演として挑む。

映画『植物図鑑』©2016「植物図鑑」製作委員会

映画『植物図鑑』©2016「植物図鑑」製作委員会

主題歌に起用されたFlowerの『やさしさで溢れるように』は、2009年にJUJUがリリースした名曲のカバー。これまで切なくも力強い歌声と華やかなパフォーマンスで数々の恋愛バラードをリリースしてきたFlowerが、やさしさに溢れたピュアで究極の純愛ストーリーの本作の世界観を彩る。

W主演となる2人は「切ないメロディー、そして何よりも歌詞の世界観が小説の世界観とマッチしていて、この名曲をカバーという形でFlowerに歌って頂けて嬉しい気持ちでいっぱいです」(岩田剛典)、「自分と同世代のFlowerの皆さんが新しくこの曲に命を吹き込み、映画に華を添えてくださることになり、とても嬉しいです」(高畑充希)と、ともにFlowerの主題歌決定に喜びのコメント。

Flowerのボーカル・鷲尾伶菜は「お話を頂いた時は率直に凄く嬉しかったのですが、それと同時に責任重大だなというプレッシャーも感じまして、しっかりと映画の世界観に合うようにという意識を念頭においてやらせて頂きたいなと思いました」とオファーを受けた心境を打ち明ける。
デビュー前から楽曲をレッスンに使用したり、幼い頃から聴いていたJUJUを「大好きな憧れのアーティストさんの1人」だといい、今回カバーした『やさしさで溢れるように』について「JUJUさんのイメージの強い楽曲の一つなので、その名曲をどのように自分たちの色を入れて、かつ原曲の良さも残しつつFlowerバージョンとして歌うのかという事を迷ったりもしましたが、メロディーも歌詞も含め全てが大好きな曲なので、その大好きな曲をカバーできて本当に嬉しかったです」と語っている。

鷲尾伶菜(Flower)コメント

最初主題歌のお話を頂いた時は率直に凄く嬉しかったのですが、それと同時に責任重大だなというプレッシャーも感じまして、しっかりと映画の世界観に合うようにという意識を念頭においてやらせて頂きたいなと思いました。
今回、JUJUさんの曲をカバーさせて頂いたのですが、デビュー前からJUJUさんの曲でレッスンをさせて頂いたり、幼い頃から聴いていたりもしていましたし、そして何よりも、大好きな憧れのアーティストさんの1人なので、JUJUさんの名曲を映画の主題歌という形でカバーさせて頂き大変光栄な気持ちです。
また、この「やさしさで溢れるように」という楽曲はJUJUさんのイメージの強い楽曲の一つなので、その名曲をどのように自分たちの色を入れて、かつ原曲の良さも残しつつFlowerバージョンとして歌うのかという事を迷ったりもしましたが、メロディーも歌詞も含め全てが大好きな曲なので、その大好きな曲をカバーできて本当に嬉しかったです。
この映画「植物図鑑」を見終えた後に、今回の私たちFlowerの楽曲を聴いて、映画のワンシーンを思い出してくれたりとか、何か心に響くものが残せたらいいなと思います。

主演:岩田剛典(EXILE / 三代目J Soul Brothers)コメント

切ないメロディー、そして何よりも歌詞の世界観が小説の世界観とマッチしていて、この名曲をカバーという形でFlowerに歌って頂けて嬉しい気持ちでいっぱいです。
主題歌とともに映画の世界観に浸って頂けたら嬉しく思います!!

主演:高畑充希コメント

撮影中の土手で、『この映画にぴったりの曲があるんだよ』と教えて貰って聴いたのが、この曲でした。今までも大好きな曲のひとつでしたが、歌詞を噛み締めながら聴くと頭の中でどんどん樹とさやかが動き出して、あまりのリンク具合にドキドキしました。
今回、自分と同世代のFlowerの皆さんが新しくこの曲に命を吹き込み、映画に華を添えてくださることになり、とても嬉しいです。
映画館を出てからお客さんに、口ずさみながら、思い出しながら、余韻に浸っていただけたら幸いです。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top