木村佳乃、総額29億円のジュエリーにうっとり ハリー・ウィンストン銀座本店リニューアルオープンセレモニーに登場

女優の木村佳乃が15日、ジュエリーブランド、ハリー・ウィンストン銀座本店のリニューアルオープンセレモニーに登場した。


2000年、銀座一丁目にオープンした同店は、今回のリニューアルにより517平米に増床し、店内には最高級ダイヤモンドや希少な宝石をはじめとするハリー・ウィンストンが誇る卓越のジュエリー、そしてタイムピースの豊富なコレクションを取り揃える。

木村佳乃

木村佳乃

60.30ctのダイヤモンド・ネックレスをはじめとする総額約29億円相当の同ブランドのジュエリーを身につけた木村は「こんなに素晴らしいジュエリーをつけさせていただいたのは生まれて初めてなので、今とっても緊張しています」と興奮気味に話し、「目の保養にもなりますし、心の保養にもなります」とご満悦の様子だった。

ダイヤモンドが「心から大好き」という木村。「初めてカラーダイヤという存在を知ったのがハリーウインストン。ピンクダイヤを初めて見たのがまさにこの銀座店。その時の驚きはいまでも覚えています」と同店にまつわるエピソードも披露した。

セレモニーではハリー・ウィンストン・ジャパンの黄野真弓代表取締役社長、ハリー・ウィンストン本社のファディ・ガライーニ副社長らとともにゲストの木村がテープカットを行い、同店のリニューアルオープンを祝った。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top