乃木坂46松村沙友理「ここさけ」主題歌起用の心境を告白 秋元の生歌披露にツッコミも

「ここさけ」舞台挨拶を行った乃木坂46

乃木坂46が17日、都内で行われた劇場版オリジナルアニメーション『心が叫びたがってるんだ。』の舞台挨拶に立った。



乃木坂46は10月28日リリースの新曲『今、話したい誰かがいる』が本作の主題歌に起用されており、舞台挨拶には同楽曲の選抜メンバーから秋元真夏、衛藤美彩、齋藤飛鳥、高山一実、深川麻衣、星野みなみ、松村沙友理の7人が登壇した。

大ヒットアニメーション『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』のスタッフが再集結して制作された本作。「前作の『あの花』も大好きで、いっぱい観てて、グッズも集めていた」というアニメファンの松村は、「岡田麿里さんの繊細な脚本と私たちの歌がどういう化学反応を起こすんだろうっていう期待もあったんですけど、プレッシャーもあって、曲をいただくまではすごくドキドキだった」と主題歌を担当することが決まった際の心境を明かす。「今回この曲をいただいて、私自身すごくこの映画とピッタリ合ってるんじゃないかと自信を持って言える曲が出来上がったので、ぜひ映画をともにこの曲も愛してほしい」とアピール。
MCから「代表して喋るという責任感から、だいぶ抑えめに話されてますね」と堅さを指摘されると、あらためて「アニメの制作が発表された時からすっごい楽しみにしてて、岡田麿里作品は歴代大好きで、その主題歌っていうは本当に大事じゃないですか!」と熱弁し、「この映画に関われただけでもすごい嬉しいことなのに、ここに立ってることがすごく嬉しくて……どうしよう、なんか涙が出てきます」と感極まる一幕も。

「順ちゃんの気持ちにすごい共感して、自分と重ねあわせて観ることができた。今言えてないことがある人は気持ちを共感しながら観られると思う」と話したのは秋元真夏。
秋元は本作のストーリーと主題歌の歌詞とのリンクする部分を説明しようと、楽曲の「何も欲しいと言わなければ 永遠に傷つかずにすむ」という歌詞を歌い始めるも、音程にやや難があり、松村からは「あれ?そんな歌でしたっけ?」とツッコミ。「今日ちょっと風邪で調子悪いんです」と弁解するも、齋藤から「なんで歌ったの?」とさらにツッコミが入り、会場は笑いに包まれていた。

最後に高山は「素晴らしい作品に関わらせていただけて嬉しく思っています。主人公の順ちゃんの周りのみんなの優しさに私はすごく感動しました。そういうところにも注目して観てほしいです。これから私も周りの人に感謝して、言葉の大切さを考えながら毎日過ごしたいと思います」とコメント。深川は「とても心があたたまる素敵な映画なので楽しんでください」とアピールして舞台挨拶を終えた。

『心が叫びたがってるんだ。』は全国公開中。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top