映画「ちびまる子ちゃん」ゲスト声優に中川大志・ローラ・劇団ひとりら

『映画ちびまる子 ちゃん イタリアから来た少年』ゲスト声優

人気アニメ「ちびまる子ちゃん」の23年ぶりの劇場版となる『映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』の豪華ゲスト声優が19日、発表された。



原作者・さくらももこ自ら脚本を手掛けた本作は、外国の子どもたちがまる子の町にやって来て、まる子の家にもイタリア人の少年・アンドレアがホームステイをすることになることから始まる物語。まる子は、アンドレアやクラスメイトと一緒に静岡・清水 を飛び出し、生まれて初めての大阪・京都旅行にでかける。

まる子の家にホームステイをするイタリア人の男の子・アンドレア役を演じるのは、本作が声優初挑戦となるブレイク必至の若手俳優・中川大志。ちょっと不思議なインド人の男の子・シン役に劇団ひとり、食いしん坊なハワイの男の子・ネプ役にはテレビアニメ「ちびまる子ちゃん」のエンディングテーマであった「アララの呪文」の振付も担当したパパイヤ鈴木が決定。
さらに、サンバを踊ることが大好きなブラジル人の女の子・ジュリア役を渡辺直美が、香港の女の子・シンニー役をモデルでタレントのローラが演じる。

声優初挑戦の中川は「不安も沢山ありますが、僕も大好きなまるちゃんそして愉快な仲 間たちと、同じ世界に立てる事が今から楽しみでなりません。まるちゃんとのちょっぴり甘酸っぱくて切ない関係を丁寧に演じたいと思います」と気合十分。

「ちびまる子ちゃん」の登場キャラクターである「永沢君」を主人公にしたコミック「永沢君」実写ドラマ化の際に主人公の永沢君を演じた劇団ひとりは「なにかとご縁を感じております。今回も実写化されることを狙って全力でやら せてもらいます」と意気込み。

「わたしが小学生の時、日本語がぜんぜん話せなかった時にいつもテレビでちびまる子ちゃんをみながら練習をしていて、ほんとに思い入れのあるアニメなの」と話すローラは、「歌のダンスもおうちでよくおどっていたし、すっごくうれしい」と声優出演に喜びを露わにしている。

『映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』は12月23日(水・祝)公開。

中川大志 コメント(イタリアの男の子:アンドレア役)

物心ついた頃からずっと見ていた「ちびまる子ちゃん」に、まさか自分が出演させて頂く事になるなんて夢にも思いませんでした。テレビアニメ25周年記念という特別な作品に、アンドレアという役で参加させて頂く事を大変光栄に思います。声のお仕事は初挑戦で不安も沢山ありますが、僕も大好きなまるちゃんそして愉快な仲間たちと、同じ世界に立てる事が今から楽しみでなりません。まるちゃんとのちょっぴり甘酸っぱくて切ない関係を丁寧に演じたいと思います。

劇団ひとり コメント(インドの男の子:シン役)

実写版の『永沢くん』に続き、なにかとご縁を感じております。今回も実写化されることを狙って全力でやらせてもらいます。

パパイヤ鈴木 コメント(ハワイの男の子:ネプ役)

僕にとって『アララの呪文』は、振付師としての代表作です。その作品に声優として参加できるとは、夢にも思っていませんでした。子供たちも大好きで、毎週欠かさずに観ています。一緒に映画館に観に行くのが今から 楽しみです。

渡辺直美 コメント(ブラジルの女の子:ジュリア役)

ずっと大好きな「ちびまる子ちゃん」の映画に出演出来て、とても光栄です。私もまるちゃんと同じでぐうたらなので、いつも共感しながら見ていました。元気で可愛らしいジュリアを精一杯演じたいと思います!

ローラ コメント(香港の女の子:シンニー役)

今回ちびまる子ちゃんの映画に声優として参加できてとってもうれしいです! わたしが小学生の時、日本語がぜんぜん話せなかった時にいつもテレビでちびまる子ちゃんをみながら練習をしていて、ほんとに思い入れのあるアニメなの。歌のダンスもおうちでよくおどっていたし、すっごくうれしい。 だからその分一生懸命にたのしくがんばろうっと(^O^)!!! 映画みてね〜!!!



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top