小栗旬、柴咲コウ、向井理ら豪華キャスト再集結 映画「信長協奏曲」90秒予告映像公開

映画『信長協奏曲』(2016年1月23日公開)の予告映像が20日、解禁となった。


昨年、フジテレビ月9史上初の時代劇として放送され高視聴率を記録した連続ドラマ「信長協奏曲(ノブナガコンツェルト)」。
劇場版では戦国時代にタイムスリップしてしまった主人公のサブローと明智光秀の一人二役を演じた主演の小栗旬をはじめ、柴咲コウ、向井理、山田孝之、藤ヶ谷太輔、水原希子、濱田岳、古田新太、高嶋政宏ら、連続ドラマを彩った豪華キャストが、引き続き出演。
ドラマを彷彿とさせる和気あいあいのシーンから、織田家全員参加の映画ならではの大規模な合戦シーン、そして本作でついに描かれるクライマックス“本能寺の変”まで、一秒たりとも見逃せない、見所たっぷりのストーリーとなっている。

9月に解禁された特報映像に続いて今回解禁されたのは、90秒の予告映像。
ついに信長の史実を知り、困惑するサブロー(小栗旬)。さらに激しさを増している合戦シーンでは、サブローが銃で撃たれるカットが。さらに歴史的な明智光秀の「敵は本能寺にあり!」というセリフを秀吉(山田孝之)が叫ぶ。映像のラストには剣を構える秀吉、覚悟を決めた表情のサブローの姿、さらに「さらば、信長」の文字が・・・。
激しい展開が予想される映像の中、サブローが帰蝶(柴咲コウ)に「あげようか、結婚式。」「俺と一緒に生きてください。」とプロポーズするシーンも。
ドラマファンも納得の映画本編となっていることが垣間見える映像となっている。

この予告映像は10月24日から全国の劇場で流れる予定。
映画『信長協奏曲』は2016年1月23日より全国で公開。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top