三代目JSB・岩田剛典の意外な一面に山下健二郎がビックリ「あんな顔で…」

「HiGH&LOW」第1話完成披露舞台挨拶

舞台挨拶を行った三代目JSB岩田剛典ら

明日21日よりスタートする日本テレビ系深夜連続ドラマ「HiGH&LOW」の第1話完成披露試写会が20日、都内で行われ、企画プロデュースを務めるEXILE・HIRO、出演するEXILE/三代目J Soul Brothersの岩田剛典らが舞台挨拶を行った。


この日、舞台挨拶に登壇したのは、HIRO、岩田のほか、三代目J Soul Brothersの山下健二郎、劇団EXILEの鈴木伸之、町田啓太、佐藤寛太、EXILEの佐藤大樹、脚本・プロデュースを手掛けた平沼紀久氏。さらに途中、三代目J Soul BrothersのELLY、今市隆二、登坂広臣の3人がサプライズで登場し、観客を沸かせた。

ドラマは不良チームが集まるSWORD地区でで巻き起こるそれぞれのチームのプライドをかけた壮絶な闘いと、その裏の彼らの友情、絆、真っ直ぐな思いを描く。
岩田剛典(EXILE/三代目JSB)同じ山王連合会というチームに所属する仲間を演じる岩田と山下は普段三代目J Soul Brothersとしてともに音楽活動を行っているが、映像作品では初共演。

お互いに「普段いつも一緒なので、山王連合会っていう同じチームでやらせてもらったのもありがたくて、やりやすかった」といい、岩田が「しかも健二郎さんは普段通りの関西弁キャラなので、めっちゃハマリ役なんです」と話すと、山下は「何も変わらない自分がそこにいました」とおどけて会場の笑いを誘う。

一方、岩田の演技について山下は「あんな顔でタバコくわえるんだって、ビックリしました。普段キラースマイルのがんちゃんですから。あんな悪い顔もできるんだなって」と、さわやかな岩田が不良役で見せる豹変ぶりに驚いたよう。「ギリギリまで喋ってたりとか和気あいあいとやってるんですけど、ヨーイって声がかかったらすぐスイッチが入ってた。さすがだなと思いました」と岩田の熱演に賛辞を送ると、岩田は「あそこまで振り切るには自分の世界に入らないとできないので」と照れ笑いを浮かべていた。

「HiGH&LOW」は2016年7月16日全国公開の映画を軸にドラマ、SNS、コミック、オリジナルアルバム、ライブツアーなど、様々なメディアコンテンツが連動する総合エンターテイメントプロジェクト。
10月21日より連続ドラマがスタートするほか、放送後にはHuluにて特別版が配信される。

同プロジェクトについてHIROは「アーティストとして自分を表現しているメンバーもいますし、役者として表現してるメンバーもいるので、そういうアーティストの側面と役者の側面と両方照らしあわせて、1人1人の夢を反映できるような作品をいつか作りたいと思っていた」と思いを明かし、岩田は「ドラマだったり映画だったりライブツアーだったりと連動していくエンターテイメントなので、その第1弾として自分も山王連合会というチームで務めさせていただけることを誇りに思っています」とプロジェクトへの参加に意欲を燃やしていた。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top