島崎遥香、純白ドレスでレッドカーペットに登場 <第28回東京国際映画祭オープニング>

第28回東京国際映画祭(TIFF)が22日に開幕し、東京・六本木で行われたオープニングセレモニーにAKB48島崎遥香が登場した。


『女優霊』『リング』『クロユリ団地』を生み出してきた中田秀夫監督の最新ホラー『劇場霊』(11月21日公開)で主演を務める島崎。この日は白のフェザードレスを身にまとい、中田監督とともに会場の映画ファンからの声援に応えながら、六本木ヒルズアリーナに敷かれたレッドカーペットを歩いた。


『劇場霊』は先日フランスで行われた、エトランジェ映画祭のコンペティション部門に正式出品されたほか、サン・セバスチャン国際映画祭(スペイン)、ロンドン映画祭、釜山国際映画祭、モーテレックス映画祭(ポルトガル)、モルビド映画祭(メキシコ)など、国際映画祭への出品が続々と決定しており、世界中から注目が集まっている。

東京国際映画祭では10月28日に「日本のいちばん怖い夜~Jホラー降臨」と題した特集企画を実施。そのオープニングとして『劇場霊』のジャパンプレミアが開催される。
第28回東京国際映画祭は10月31日まで。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top