乃木坂46、13thシングルからカップリング曲MV2本を同時公開

「嫉妬の権利」場面写真

乃木坂46のニューシングル『今、話したい誰かがいる』からカップリング曲『大人への近道』と『嫉妬の権利』のMusic Video(MV)が23日、2本同時に公開された。


初回仕様限定盤Type-Bに収録される『大人への近道』は、北野日奈子・寺田蘭世・中田花奈・中元日芽香・堀未央奈の5人によるユニット曲。
MVは静岡県沼津市を中心に撮影され、“母親が学生時代に経験した、ほろ苦い三角関係”をメンバーが演じ、少女たちが大人になっていく姿をドラマ仕立てで描いている。公開された予告編では、学生を演じるメンバーたちの無邪気にはしゃぐ姿が映し出される一方、終盤では北野日奈子の迫真の演技が光る。

メガホンをとったのは、これまでに乃木坂46の「無口なライオン」「あの日 僕は咄嗟に嘘をついた」「立ち直り中」のMVを手掛けている湯浅弘章監督。母親の学生時代となる1980年代の雰囲気を出すため、近代的な看板などをあえて古風にセットを変更するなど、細部にも制作陣のこだわりが隠されている。


『嫉妬の権利』は楽曲が全タイプ共通、MVがType-CのDVDに収録される、今作のアンダーメンバーによる楽曲。MVでは21人の嫉妬が連鎖する様を描く。
全員が誰かしらのことを想っているという最初から最後まで嫉妬だらけの学生生活で、メンバーが見せる「嫉妬の表情」や「想いの伝え方」にそれぞれの個性が垣間見える映像となっている。
こちらの作品は乃木坂46『命は美しい』のMVを手掛けた井上強氏が監督を務めた。

乃木坂46『今、話したい誰かがいる』は10月28日発売。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top