乃木坂46、GirlsAwardでハプニング? 照れる白石麻衣に会場が虜に

「GirlsAward 2015 AUTUMN / WINTER」に登場した乃木坂46

乃木坂46が24日、東京・国立代々木競技場第一体育館で行われた国内最大級のファッション&音楽イベント「GirlsAward 2015 AUTUMN / WINTER」に登場。ライブパフォーマンスを披露した。



大歓声で迎えられた乃木坂46はアップテンポなダンスナンバー「命は美しい」からライブをスタート。途中、白石麻衣がタイミングを間違え、1人だけランウェイに走り出してしまうというハプニングも起きたが、その後のMCで「すみません、間違えましたー!めっちゃ恥ずかしかった!」と照れながら謝る姿に会場中が虜に。メンバーの生駒里奈も「まいやんのこんな姿、めっちゃレアですよ!」とすかさずフォローを入れていた。


同イベントへの出演は今回で6回目を数え、すっかりGirlsAwardの常連となった乃木坂46。キャプテンの桜井玲香は「私たちもお洒落が大好きなので、またGirlsAwardに呼んでいただけて嬉しいです」と笑顔。
その後、女性ファッション誌のモデルも務める西野七瀬と白石麻衣がWセンターを務める10月28日発売の新曲「今話したい誰かがいる」を披露し、最後はランウェイへ繰り出して軽快なサマーソング「太陽ノック」で会場を大きく沸かせた。

GirlsAwardは「渋谷からアジアへ。そして世界 へ。」というスローガンの下、年2回開催される日本最大級のファッション&音楽イベント。今年5周年を迎え第12回目の開催となる「GirlsAward 2015 AUTUMN / WINTER」には、延べ3万4000人が来場し、人気モデルたちによるファッションショーや豪華アーティストによるライブを楽しんだ。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top