長澤まさみ、博多華丸・大吉ら映画「妖怪ウォッチ」にゲスト声優参加

12月19日公開の『映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』のゲスト声優が27日、発表された。


待望の映画第2弾となる本作では、5つの物語になぞらえて、5人のゲスト声優陣が決定。
来年の大河ドラマ「真田丸」のヒロイン役にも抜擢され、国民的な人気を誇る女優・長澤まさみをはじめ、堀ちえみ、博多華丸・大吉、そして「妖怪ウォッチ」に登場するニャンパチ先生のモデルにもなった “金八先生”こと武田鉄矢と豪華な面々が映画のストーリーに彩りを添える。

長澤まさみが演じるのは生前のジバニャン(アカマル)の飼い主・エミちゃん。8年後の未来では、デザイナーの卵として働いており、大好きな洋服を作って世界中の人をハッピーにするのが夢。
「最初にお話を頂いたときは、私でいいのかなぁと思った」という長澤だが、以前に「妖怪ウォッチ」の生みの親であるレベルファイブの日野社長と仕事をした際に「仕事に対しての気持ちにすごく共感した」そうで、今回のオファーを承諾。
「エミちゃんはすごく前向きで、見ていて元気をもらえる明るい子なので、とても楽しく演じることができました」と役どころにも満足げだ。

声優初挑戦となる堀ちえみはエミちゃんの職場の先輩を、博多華丸・大吉は妖魔界議長・ぬらりひょんの部下で、ジバニャンたちの敵となり大バトルを繰り広げる猫きよと犬まろをそれぞれ演じる。
武田鉄矢は巨大なサンタクロースの妖怪の声を担当。「オファーが来る前から、ジバニャンは俺に少し似ているな、と思っていました」という武田は、「この映画が大ヒットして子どもたちの素敵なクリスマスプレゼントになること、サンタクロースやジバニャンの不思議な力を信じる子が日本中の子どもたちに一人でも増えることを祈っています」とコメントしている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top