Juice=Juice、初主演ドラマに意気込み 自身演じる“NEXT YOU”とともに「武道館目指す」

Juice=Juiceが演じるNEXT YOU

アイドルグループ・Juice=Juiceが27日、2016年に放送される初主演ドラマ『武道館』で演じるアイドルユニット“NEXT YOU”を報道陣の前でお披露目した。



ドラマは朝井リョウの同名小説が原作。実在アイドルのJuice=Juiceが架空のアイドルユニット・NEXT YOUを演じ、撮影期間中および放送期間中はJuice=Juiceとして活動しながら、NEXT YOUとしての活動も並行して行う。

5人はこの日、NEXT YOUのプロデューサーを務めるつんく♂作詞作曲による新曲を初披露。
ドラマの主題歌にもなっている楽曲のタイトルは「Next is you!」。つんく♂は「ドラマの中でも当初はなかなか売れないアイドルとして奮闘するわけですが、そんな彼女達に『次の時代を制するのは君だよ!』というメッセージを込めて『Next is you!』というタイトルをつけました」と説明。

衣裳は黒を基調としつつ、アクセントの鮮やかなショッキングピンクが映えるもので、ファーのついたマイクが特徴的。金澤朋子は「可愛い衣裳を着るのがとても新鮮。楽曲が勢いのあるかっこいい曲なのでこの衣裳との不思議なマッチ感が面白いと思う」とコメント。

ドラマ初主演について、植村あかりは「演技経験が少なくてドラマ自体も初めての経験なので、わからないことだらけだと思うんですが、精一杯頑張ります」と緊張の面持ちながら意気込みを語る。
朝井リョウによる原作小説を読んだという高木紗友希は、「(普段のアイドル活動に)リンクする部分もあったり、ここちょっと違うなって部分もあったりして、世間の人はこういうふうにアイドルを見てるのかなって想像したりとか、不思議な感覚でした」と感想を述べ、植村は「アイドルのことが書かれているので、『わかるわかる』って思うところもたくさんあった」と共感を寄せた。
宮崎由加は「小説の中で『電車に乗らなくてもいいようになろう』っていう会話があって、私たちもこのドラマが終わるころには(電車に乗る時は)ちゃんとマスクをして帽子をかぶってなきゃいけないくらいになれたらいいな」と期待を込める。

ドラマの中でNEXT YOUはタイトル通り「武道館のステージに立つこと」を目標に掲げて奮闘する。宮本佳林は「(NEXT YOUもJuice=Juiceも)どちらも好きになってもらえるようにパフォーマンス力をあげていきたい。私たちは来年の秋までに武道館を目指しているので、実際にJuice=Juiceも目指しているし、NEXT YOUも目指しているということで、武道館を目指して頑張りたいと思います」と共通の目標に向かって決意を新たにした。

ドラマはフジテレビとスカパー!が初めて本格的にタッグを組んで制作。2016年にフジテレビ土ドラ枠で放送され、その数日後にBSスカパー!にてスカパー!版を放送。
実在する現役アイドルたちや、つんく♂を彷彿とさせるプロデューサー役も登場し、アイドル界の裏側を垣間見られるドラマとなっている。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top