AKB48島崎遥香、初の単独主演作は「当時できることを一生懸命やった」

「劇場霊」ジャパンプレミア

AKB48島崎遥香が28日、主演を務める映画『劇場霊』のジャパンプレミアに出席した。



映画は『女優霊』『リング』『クロユリ団地』と傑作ホラーを生み出してきた中田秀夫監督の最新作。嫉妬・憎しみ・怨念がうずまく閉ざされた“劇場”を舞台に巻き起こる、救いようのない惨劇を描く。
この日は島崎をはじめ共演の足立梨花、町田啓太、そして中田監督が舞台挨拶に立った。

劇場で起こる数々の恐怖の真相を探る、主人公の若手女優・水樹沙羅を演じた島崎は、朝から「塩の入浴剤を入れたお風呂に入ってきました」とお清めを行ったことを明かし、映画単独初主演となった本作について「日本で初公開ということで、どういう反応が返ってくるのか楽しみですし、緊張しています」と心境を明かした。

「中田監督の映画を小さい頃に家族で観た記憶があって、そんな中田監督の作品にまさかこうして自分が出させていただくとは思ってなかったですし、すごく光栄だなって思います」と話す島崎。「何もかもわからない状態で撮影に挑んだので、女優さんってこういう仕事なんだって学びながらやった撮影でもあり、もっとできたんじゃないかっていう悔しい部分も後々見つかりました」と自身の演技を振り返りながら、「でも当時できることを一生懸命やったと思っているので、皆さんに観ていただけたらなと思います」と胸を張った。

そんな島崎の演技について中田監督は「ホラー映画の撮影って割と和気あいあいとしてたりする。すごい緊迫感がある撮影の時にカジュアルな話で笑ったりすると、本番にいった時にちょっとテンションが下がってしまう。それで島崎さんにオフカメラでもあまり和まないようにしようということを言った。それをちゃんと聞いてくれて、島崎さんが女優として階段を上がっていくステップに立ち会わせてもらった感じがします」と撮影を振り返った。


本作はアトラクション感覚で楽しめ、デートムービーにもピッタリということで、「もし彼女とホラー映画を見に行って隣で怖がっていたら何と声をかけるか」というお題で中田監督と町田が実演。
中田監督の彼女役を務めることになった島崎が「秀夫、めっちゃ怖いねー」と怖がって会場の笑いを誘うと、「僕の顔のほうが怖いだろ?」という中田監督に「本当だね」と返して会場はさらなる笑いに包まれた。

また、作品にちなんで「幽霊より怖いもの」という質問が投げかけられると、島崎は「女子ですね」と回答。「女子はめちゃめちゃ怖いですよ、いろんな意味で」と普段大勢の女子とともに活動している島崎の重みのある発言に会場がざわつく一幕も。「この映画でも(足立演じる野村香織と)仲良しだと思ってたんですけど、そうじゃないっていうのもありますし」としみじみと語っていた。

この日は会場となった新宿ピカデリーに一夜限りのお化け屋敷がオープン。東京ドームシティ アトラクションズ「呪い指輪の家」で知られるお化け屋敷プロデューサー・五味弘文氏が手掛けたお化け屋敷を、舞台挨拶前に実際に体験した島崎は「めちゃめちゃ怖かったです」と目を丸くしていた。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top