劇団ひとり、映画「クレヨンしんちゃん」最新作で脚本担当

「映画クレヨンしんちゃん」最新作で脚本を手掛けた劇団ひとり

劇団ひとりが映画クレヨンしんちゃんの最新作となる『映画クレヨンしんちゃん 爆睡! ユメミーワールド大突撃』の脚本を、本作の高橋渉監督とともに担当することがわかった。


映画は2016年4月16日に公開が決まった、シリーズ24作目となる映画クレヨンしんちゃんの最新作。
劇団ひとりが選んだ今回の物語の舞台は「夢の世界」。アニメーションの魅力を存分に発揮できる「夢」というファンタジーの世界で、しんのすけが寝ても覚めても大暴れする。

「国民的アニメであり、ファンも多い作品ですから、プレッシャーも大きかった」という劇団ひとりは、今回の脚本担当にあたり「その世界観を壊さないように、かといって今までと同じにならないよう、スタッフの方々と何度も打ち合わせを繰り返し、7、8ヵ月ほどかけて推敲を重ねました」と苦労を明かす。

「僕自身、5歳の娘がおり、娘と一緒に映画を見ることも少なくないのですが、片方が楽しんでいるときは、片方は退屈なんてことが良くあったので、僕も娘も同じように劇場で楽しめる作品に出来たらいいなと思って書きました」と脚本に込めた想いを語っている。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top