Dream・LAGOON・こぶしファクトリーら、bayfm公開生放送に登場 ライブとトークで盛り上げる

bayfmの公開生放送に出演したDream

3日、千葉・ユアエルム八千代台店でbayfmの公開生放送「ユアエルムpresents with you AUTUMN FESTIVAL」が行われ、Dream、LAGOON、Thinking Dogs、こぶしファクトリー、チャオ ベッラ チンクエッティの5組が出演した。


トップバッターはMIORI(Vo)こと女優の瀧本美織率いるガールズバンド・LAGOON。
「君の待つ世界」のライブで番組のスタートを飾ると、トークではNANA(Bass)から「ドラマで見るとオーラがあって美しいけど、スタジオではお茶目。いきなり歌い出したり、踊りだしたりする」と意外な一面を明かされたMIORIが、クレヨンしんちゃんの物真似を披露して会場を沸かせるなど、和気あいあいと進行。
最後には11月18日にリリースとなる新曲「Rhapsody In White」をしっとりと聴かせてステージを後にした。


続いて登場したのは今年ハロー!プロジェクトから誕生したフレッシュな8人組アイドルグループ・こぶしファクトリー。
今回の番組のテーマ「ロマンティック・オータム」にちなんで、“「ロマンティック」と聞いて思い浮かぶ言葉”を聞かれると、藤井梨央から「おしゃれなチーズ」という珍回答が飛び出す一幕も。
ライブパートでは9月にリリースした1stシングルから「ラーメン大好き小泉さんの唄」「念には念(念入りver)」を続けて全力パフォーマンス。ライブの後にはこの後番組に出演するチャオ ベッラ チンクエッティから岡田ロビン翔子が登場。広瀬彩海と井上玲音とはかつて同じ事務所の先輩と後輩。ロビンは「2人がこぶしファクトリーとして歌って踊っているのを見て感動しました」と感慨深げだった。

続いて、期待の大型新人バンド・Thinking Dogsの登場。デビュー曲がいきなりTBSドラマ「ヤメゴク」の主題歌に起用されるなど“シンデレラ・バンド”と呼ばれる4人は、同ドラマの初回放送を4人揃って見て感動したというエピソードなどを披露。
また、11月18日リリースの2ndシングル「3 times」にカップリング収録される「もしも あなたが…」が主題歌となっているホラー映画『劇場霊』(11月21日公開)も4人一緒に試写を観たといい、Jun(Gt)は「“骨なしチキン”と言われるくらいホラーが苦手で、初めて観たのが『劇場霊』。一軒家に4人で住んでるので、帰り道が1人じゃなくてよかった」とルックスとギャップのある一面を覗かせていた。


Thinking Dogsからバトンを受け取ったのは、今年6月にTHEポッシボーから改名したチャオ ベッラ チンクエッティ。
bayfm「The BAY☆LINE」(水曜・午後4時)のDJも務めている岡田ロビン翔子は、メンバーから「ライブの曲紹介がカッコよくなった」と言われ、DJ風の曲振りを実演して会場の笑いを誘っていた。
イベントでは番組のテーマ「ロマンティック・オータム」にちなんで、メンバーが考えた「最高にロマンチックなLOVEな一言」をシチュエーションとともに披露したが、番組CM中には観客から寄せられた「チャオ ベッラ チンクエッティのメンバーに言ってほしいひと言」を実演し、会場を盛り上げた。

番組のトリを務めたのはE-girlsとしても活躍中のDream。11月18日にリリースする新曲「ブランケット・スノウ」のイメージにちなんで、4人とも白を基調とした衣裳で登場すると、この日一番の大歓声で迎えられた。
ソロデビューを果たしたAMIをはじめ、メンバー個々での活躍も目立った今年の活動について語った後は、他の出演者同様「最高にロマンチックなLOVEな一言」を1人ずつ披露。やや照れながら台詞を話すメンバーの姿に会場からは黄色い歓声が飛んでいた。

生放送終了後にはDreamのスペシャルライブも行われ、新曲「ブランケット・スノウ」と、同シングルに収録される「I love dream world 〜世界中のしあわせを歌おう〜 2015」を熱唱。「2003年に『世界中の幸せ』という大きなテーマをもとに作詞した楽曲です。最近悲しいニュースがたくさん耳に入ってくる中で、またこのタイミングでこの曲を皆さんに聴いてほしいなと思ってあらためて4人で歌い直しました」と強い思い入れを語った「I love dream world 〜世界中のしあわせを歌おう〜 2015」では、メンバーと観客が一緒に手を振り、会場全体が1つになった。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top