GENKINGが初のCDジャケットに 冬の名曲コンピで2つの顔

タレントのGENKINGが来年1月1日にリリースされるウィンターソングのコンピレーションアルバムのジャケットを飾ることが明らかとなった。


アルバムはJ-POP史上に残る女性アーティスト作品を収録をしてきた、コンピレーション・シリーズ「.LOVE」のスピンオフ企画でウィンターソングのNon Stop J-POP Mix。

今回「.LOVE」シリーズ初となるウィンターソング・ベストのイメージとして、冬のもっている「イルミネーション」「冬の美しさ」「冬の切なさ」「ファッション」「寒いから盛り上がるテンション」、そして「男性も女性も楽しめる」というキーワードから、レコード会社だけでなくCD店からも最も要望があがったのがGENKING。他に候補が思いつかなく、GENKINGがダメだったら企画の中止も考えられたほどだという。

CDのジャケットを飾るは初めてだというGENKINGは「撮影中は、カワイく写りますよに、とか、カッコよく写りますように、ってすごく念じてカメラを見ていました」と撮影を振り返り、「撮影の出来は個人的には100点満点(笑)」と満足気。

アルバムにはglobe「DEPARTURES」、TRF「寒い夜だから」、Every Little Thing「Fragile」、広瀬香美「ロマンスの神様」、華原朋美「I BELIEVE」、EXILE「Choo Choo Train」、E-Girls「Mr.Snowman」、BoA「Winter Love」といった冬を代表する名曲が収められている。
GENKINGは「あの時代の曲って、街がすごく活気があったというか、パワフルな時代の名曲だと思うので、歌ってその時々の時代を表すというか。最近でいうとすごく切ない曲が多い気がするので、僕的にはやっぱその90年代とかのすごく絶好調だった世代をもう一回取り戻したいなと思っているので、是非そういう名曲がこれからもっと増えてくれたらいいなって思います」とコメント。
「今回のコンピアルバムは、ハッピーソングだったりとか、アゲアゲソングだったりとか、ちょっと切ないソングだったりとか、いろんな喜怒哀楽が含まれたCDになっていると思うので、みなさん、聴いてくれなきゃ、やーよ!」とアピールしている。

アルバムは「.LOVE -SKI! SKI! SKI!- J-POP Best Mix」と「.LOVE -SNOW! SNOW! SNOW!- J-POP Best Mix」の2タイプ。それぞれのジャケットでGENKINGが異なる表情を見せている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top